*

「 走裕介 」 一覧

■コロムビアマンスリー歌謡ライブが日光で開催。畠山みどり、多岐川舞子ら全6歌手が競演。新人演歌歌手・門松みゆきはデビュー初ステージを披露

日本コロムビアに所属の畠山みどり(79)、多岐川舞子(49)、山崎ていじ(61)、走裕介(45)、紅晴美(65)、門松みゆき(25)の演歌系アーティスト全6人が一堂に会して2月27日、栃木・日光市の日

続きを見る

■作曲家・船村徹さんの三回忌法要に北島三郎、五木ひろし、鳥羽一郎ら140人が出席。故人の形見分けも

「別れの一本杉」「王将」など5500曲以上の作品を手がけ、平成29年2月16日に亡くなった戦後歌謡界を代表する作曲家・船村徹さん(享年84)の三回忌法要が2月16日、東京・高輪のグランドプリンスホテル

続きを見る

マススペシャルディナーショーでオリコン1位の新曲「春待ち草」も熱唱。同じ北海道出身のサクソフォーン奏者・西尾貴浩とコラボも披露

2018/12/17 | ニュース

今年でデビュー10周年を迎え、同記念ツアー(全国13カ所13公演)を大成功させた演歌歌手・走裕介(45)が12月7日、東京・神楽坂のフレンチの名店「ラリアンス」で「走裕介クリスマススペシャルショー i

続きを見る

■走裕介がデビュー10周年記念スペシャルコンサート。ドラム演奏を一般ファンの前で初披露

2018/11/09 | ニュース

13枚目のニュー・シングル「春待ち草」(詞・石原信一、曲・田尾将実)を日本コロムビアから10月31日に発売した演歌歌手・走裕介(44)が11月2日、東京・中央区の日本橋公会堂でデビュー10周年記念スペ

続きを見る

■渥美二郎が主宰する「人仁の会」で、角川博ら全9人の歌手が震災チャリティーコンサート。第24回は約137万円寄付

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(65)が主宰し、今年で24回目を迎える震災チャリティーコンサート「人仁(にんじん)の会」が6月27日、東京・杉並区のセシオン杉並で開かれ、渥美をはじめ、浅田あつこ(46)、

続きを見る

■船村徹氏の内弟子、鳥羽一郎、走裕介ら5人が栃木・日光市で「演歌巡礼」コンサート。ゲストに大月みやこが

昨年2月16日に他界した戦後日本の歌謡界を代表する作曲家・船村徹氏(享年84)の内弟子、鳥羽一郎(66)、静太郎(53)、天草二郎(47)、走裕介(44)、村木弾(38)の5人の演歌歌手が集まって6月

続きを見る

■作曲家・船村徹さんの一周忌法要に弟子の北島三郎、鳥羽一郎ら350人が参列。歌供養も兼ねて

「別れの一本杉」「王将」など昭和を代表する数々の大ヒット曲を放ち、昨年2月16日に亡くなった作曲家・船村徹さん(享年84)の一周忌法要が2月15日、東京・千代田区の帝国ホテルで行われた。

続きを見る

■走裕介が初のライブツアー初日を東京・蒲田ニューエイトで。新曲「男の駅」など全17曲熱唱

2017/10/16 | ニュース

デビュー9年目を迎え、師匠の作曲家・船村徹さんが2012年に書き下ろした未発表曲を第11弾シングルとして7月5日に発売した「男の駅」(詞・たきのえいじ、発売・日本コロムビア)が、オリコン演歌・歌謡曲ラ

続きを見る

■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の内弟子5人が船村徹追悼コンサートを開催。船村徹記念館でこの日から手紙展も

今年2月16日に亡くなった作曲家・船村徹さん(享年84)の内弟子の演歌歌手、鳥羽一郎(65)、静太郎(52)、天草二郎(46)、走裕介(43)、村木弾(37)の5人が集まって12日昼夕2回、栃木・日光

続きを見る

■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

2017/05/17 | ニュース

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本コロムがビアから昨年11月23日発売=が、オリコン演歌・歌謡曲ランキング(昨年12月5日付)で2位、週間USEN HIT演歌/歌謡

続きを見る

■走裕介が名門シェ松尾でクリスマスディナーショー。ロシア在住の注目のピアニスト・今泉響平と初コラボ

2016/12/12 | ニュース

今年でデビュー8年目を迎え、10枚目のニュー・シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、曲・蔦将包)=日本コロムビアから11月23日発売=がオリコン演歌・歌謡曲ランキングで初登場2位(12月5日付)と幸先の

続きを見る

■「コロムビアうたまつり」で細川たかし、冠二郎、新沼謙治ら全12アーティストが共演。美空ひばりと島倉千代子による世紀の競演の秘蔵映像も公開

演歌・歌謡曲ジャンルのより一層の発展を目的に企画された「コロムビアうたまつり2016」が6日昼夜2回、東京・中野区のサンプラザホールで開かれ、細川たかし、冠二郎、新沼謙治ら日本コロムビア所属の演歌・歌

続きを見る

■走裕介が東京では1年7カ月ぶりのソロコンサート。この日のために猛特訓した長台詞「外郎売り」に初挑戦

2016/04/11 | ニュース

第9弾シングル「北の傷歌(しょうか)」(作詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)を日本コロムビアから3月23日に発売し、オリコン演歌・歌謡曲ランキング初登場7位を獲得して好スタートを切った演歌歌手・走裕介

続きを見る

【新曲情報】走裕介「昭和縄のれん」

2015年3月4日、走裕介さんが新曲を発売! 作詞:高田ひろお  作曲:杉本眞人 商品番号:COCA-16979 カップリング:「風来ながれ唄」 走裕介さん待望の第8弾シングルは両A面。「

続きを見る

【動画】演歌歌手がJ-POPをカバー!細川たかし&西尾夕紀の見事なカバーを聴け!

様々な演歌歌手がカバーしたJ-POPを集めたコンピレーションアルバム『エンカのチカラ』。演歌歌手の圧倒的な歌唱力と表現力をもって歌われる楽曲は、どれも素晴らしいの一言です。まさに“演歌の力”を実感する

続きを見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる