*

■作曲家・船村徹さんの三回忌法要に北島三郎、五木ひろし、鳥羽一郎ら140人が出席。故人の形見分けも

「別れの一本杉」「王将」など5500曲以上の作品を手がけ、平成29年2月16日に亡くなった戦後歌謡界を代表する作曲家・船村徹さん(享年84)の三回忌法要が2月16日、東京・高輪のグランドプリンスホテル高輪で行われた。

船村徹三回忌(その1)

今回の三回忌法要には、「仲間たちをなァ 大事になァ」という故人が遺した言葉をもとに招待された親しい業界関係者たちや北島三郎、五木ひろし、大月みやこ、鳥羽一郎、島津亜矢ら歌手、合わせて140人が出席。

 元気なころの笑顔の遺影、そのとなりに「仲間たちをなァ 大事になァ」という文字と故人が大好きな日本酒が飾られた祭壇の前で、会場に駆けつけた出席者たち一人ひとりが献花。

 最初に故人の長男で、作曲・編曲家の蔦将包さんが施主として「父は賑やかなことが大好きでしたので、皆さまもぜひごゆっくりと盃を傾けながら楽しんでいってください」とあいさつ。

船村徹三回忌(その2)

続いてJASRAC理事長の浅石道夫さんが来賓のあいさつをした後、船村門下生出身で、門下生で作っている「船村徹同門会」(会長・鳥羽一郎)で名誉相談役を務める演歌歌手・北島三郎(82)が「あっという間の三回忌ですが、いまだにお師匠さんが旅立ったとは思えません。私は1年前に大事な息子を亡くしました。私のおやじとその息子は、月日が経つにつれて思い出がいっぱいよみがってまいります。事あるごとに息子、そしておやじ、お師匠さんが浮かんできます。25歳で歌手になった私は、船村徹という父親と、星野哲郎さんはお母さんで、その両親の間に生まれたのが北島三郎です。そんなおやじがあって私の今日があります」とあいさつ。

 また、五木ひろし(70)が「(デビューのきっかけとなった)全日本歌謡選手権で10週間、毎回、私の歌を聴いてくださったのが船村先生でした。そして何よりも思い出すのが、5週目に歌ったのが、大好きな曲『男の友情』を(作曲者の)船村先生の前で歌ったのですが、先生から「よくこんな難しい歌を選んだね」と言われ、10週勝ち抜いたとき「君のような歌手がいまの歌謡界に必要なんだよ」と、最高のお褒めの言葉をいただきました。五木ひろしとしてスタートして49年目に入りましたが、その10週がなければ私は存在しません。私は船村門下生でも何でもありませんが、すっと応援し続けてくださったのが船村先生でした」と、故人との想い出を語った。

船村徹三回忌(その3)

 「仲間たちバンド」が、船村さんの数々のヒット曲の中から同メンバーたちが選んだ想い出の曲から「柿の木坂の家」「みだれ髪」、家族が選んだ想い出の曲から「街路樹」「風雪ながれ旅」を心を込めながら演奏。
また、故人の形見分けとして、衣服や帽子、ぐい呑みなど120点が抽選で出席者たちに贈られた。

 最後に鳥羽一郎、静太郎、天草一郎、走裕介、村木弾の内弟子5人が祭壇の前に立ち、全員で船村作品「師匠(おやじ)」を歌い、鳥羽は「三回忌にまた船村先生を大勢の皆さんにしのんでいただき、ありがとうございました」と礼を述べた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
山本あき(その3)
■山本あきが46回目のマンスリーライブ。卒業シーズンに合わせてセーラー服姿を初披露

最新シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の演歌

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがデビュー20周年記念曲「大丈夫/最上の船頭」発売記念イベント。ファン2000人が大熱狂

今年でデビュー20周年を迎えた演歌歌手・氷川きよし(41)が3月11日

徳永ゆうき(その4)
■徳永ゆうきが東京・原宿の若者の流行発信基地で初のベストアルバム発売記念イベント。原宿系演歌宣言!

年配の人たちから可愛がられ、「ニッポンの孫」とも呼ばれている実力派演歌

演歌男子。(その2)
「演歌男子。」シリーズ第6弾の新番組が4月11日からスタート。初回は純烈、徳永ゆうき、最上川司の3組出演

WOWOWプラスが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が、「演歌

山本浩二&譲二(その2)
■山本浩二と山本譲二が「歌謡ポップスチャンネル」の3月特番に出演。進行役の河野万里奈と3人で取材会

元プロ野球選手・山本浩二(72)と演歌歌手・山本譲二(69)が、WOW

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる