*

■走裕介が初のライブツアー初日を東京・蒲田ニューエイトで。新曲「男の駅」など全17曲熱唱

公開日: : ニュース

デビュー9年目を迎え、師匠の作曲家・船村徹さんが2012年に書き下ろした未発表曲を第11弾シングルとして7月5日に発売した「男の駅」(詞・たきのえいじ、発売・日本コロムビア)が、オリコン演歌・歌謡曲ランキング3位(7月17日付)&週間USEN HIT演歌/歌謡曲ランキング3位(7月12日付)と好セールス中の演歌歌手・走裕介(43)が10月14日昼夕2回、東京・大田区の蒲田ニューエイトで初のライブツアー「走裕介 LIVEツアー2017」の東京公演を行った。

走-裕介(その1)

この日を皮切りに、翌15日に名古屋・オキナワAサインバーKOZA、同22日に札幌・ホテルロイトン札幌ハイネスホールの全3カ所で開催。

 その初日の東京公演に約70人=昼夕合わせて約140人動員=の熱烈なファンが詰めかけ満席の中、「この(ブルーの)衣装は、今回のツアーのために作りました。別に山内惠介さんからいただいたものではありません。出来上がってみたら惠ちゃんっぽいなと思いましたので(笑)」とジョークを飛ばしながら「今日も心を込めてしっかりと歌わせていただきます」とあいさつし、「流氷の駅」をはじめ、「呼人駅」「おんなの雪」「夢航路」「星屑の恋」「昭和縄のれん」、新曲「男の駅」、船村メドレーから「なみだ船」「矢切の渡し」、それに安全地帯のカバー曲「恋の予感」などアンコールを含めて全17曲を熱唱。

走-裕介(その2)

 途中、これまで走がレコーディングした曲(カバー曲含む)すべてを対象にして客席からリクエストを募った中から抽選で選んだ「その人は昔」「春の北岬」、ギターの弾き語りで「吾亦紅」「のぞみ」を披露し、バラエティーに富んだステージで満員の客席は大喜び。

 また、夜の公演では、昼とは異なる曲目=一部、共通の曲あり=で全16曲を熱唱し、昼夕ともにファンを存分に楽しませた。
 歌い終わって、「ライブハウスでライブをやるのは、18歳から24歳ぐらいまでのアマチュア時代、ロックバンドのボーカルで北海道北見市のライブハウスで歌っていた以来、久しぶりでしたので、そのころに戻ったようで楽しく歌わせていただきました」。

走-裕介(その3)

 来年はデビュー10周年を迎え、その記念ツアーも計画中だそうだが、「少しでもたくさんの方に僕の歌を聴いていただきたいなと思っています。ソロコンサートでは昨年と今年、外郎売りに挑戦させていただきましたが、10周年ではまた何か新しいことに挑戦してみたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる