*

走裕介がデビュー5周年記念コンサートを開催。兄弟子・鳥羽一郎が「まだ5年 これからだ 走裕介」という題字をプレゼント。

初の全曲を生バンドでコンサートを開催

走裕介デビュー5周年記念コンサート写真1

デビューから5年

 デビュー5周年記念シングル「夢航路」(詞・たきのえいじ、曲・船村徹、発売・日本コロムビア)がロングセラー中の演歌歌手・走裕介(39)が22日、東京・中野区のなかのZERO小ホールでデビュー5周年記念コンサートを開いた。
 

走裕介「初めてのことなのでドキドキ感はありますが、5年を起点といたしまして、新たな挑戦ということで頑張らせていただきます。こうやってコンサートを開くことができるのも、たくさんのファンの皆さまのお陰だと感謝しています。今日は、そんな皆さまのために心を込めて、誠心誠意歌わせていただきます」。

兄弟子・鳥羽一郎からプレゼント

走裕介デビュー5周年記念コンサート写真3
 550席の会場は、デビュー当時からの熱烈なファンで満席となり、ステージのバックには彼の兄弟子・鳥羽一郎がプレゼントした「まだ5年 これからだ 走裕介」という題字=他の曲名もすべて鳥羽一郎が手がけたもの=が映し出される中、2009年4月1日発売のデビュー曲「流氷の駅」をはじめ、「呼人駅」「北国フェリー」「北国街道・日本海」、カバー曲から高山厳の「心凍らせて」、鳥羽一郎の「兄弟船」、新曲「夢航路」、それに名ギタリスト・斉藤功との共演し、ギターの弾き語りで「吾亦紅」など全17曲を熱唱。
また、同じレコード会社の演歌歌手・三代目コロムビア・ローズ野村未奈(31)がお祝いに駆けつけ、彼と「5分5秒の二人」をデュエットし、新曲「矢作川」の2曲を歌ってステージに花を添えた。

師匠・船村徹さんから激励

走裕介デビュー5周年記念コンサート写真2
 師匠の作曲家・船村徹さんからは「5周年というのは通過点にしか過ぎないのだから一生懸命、心を込めて、しっかりと自分の道を進んでいきなさい」という言葉をいただいたそうで、鳥羽一郎の題字を見ながら

走裕介「5周年の節目のコンサートにこのような素晴らしいプレゼントをいただきまして、ただただ感激です。鳥羽さんの人柄というのが出ているのかなと感じました。鳥羽さんは本当によく可愛がってくださいまして、力強い字で、鳥羽さんの優しさが出ているのかなとつくづく思いました。もう感激と感謝でいっぱいです」

と話していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる