*

■氷川きよしがプロ野球、ヤクルト×DeNA戦で30代最後の始球式。マウンドで新曲「男の絶唱」を披露

公開日: : ニュース

30枚目のニュー・シングル「男の絶唱」(A、B、Cタイプ)=日本コロムビアから3月7日発売=が10万枚突破とロングヒット中の演歌歌手・氷川きよし(39)が8月25日、東京・新宿区の明治神宮野球場(神宮球場)で行われたプロ野球公式戦「東京ヤクルト×横浜DeNA戦」で始球式を務めた。

氷川きよし(その1)

昨年8月3日、東京ヤクルト×広島戦で始球式を務め、同試合の7回、スワローズ攻撃前に「東京音頭」を歌唱したところ、その直後に山田哲人選手が逆転ホームランを打ってスワローズが劇的な勝利を収めた。プロ野球の始球式は今回が4回目で、神宮球場での始球式は昨年に続いて2回目。

 この日は、試合開始前、マウンドに立ち、「皆さん、こんにちは。氷川きよしと申します。今年も出させていただいて大変うれしく思います。今日は、新曲『男の歌唱』を歌いますので、聞いてください」とあいさつし、観客席に向かって新曲を熱唱。

氷川きよし(その2)

その後、再びマウンドに立ち、キャッチャーめがけて始球式のボールを投げ、観客席から大きな拍手が送られた。
昨年に続くスワローズ戦での始球式を終え、「本番前にリハーサルもしたんですけど、リハーサルのときは余裕があったんですが、人が入ると緊張しますね。緊張しながらも冷静さを装いながら精いっぱい投げさせていただきました」と、ほっとしたしぐさを見せた。

氷川きよし(その3)

そして、「去年、自分で投げた映像を見たとき、フォームがあまり良くなかったのでまずいなと思い、リベンジの気持ちでやらせていただきました。僕はあまり気合が入りすぎると逆に変になってしまうので、今日は自然体で投げました。でも、やっぱり緊張しました。点数? 25点ぐらいですかね」と自己評価。
マウンドで新曲を歌った感想は「人生勝負という作品なので、選手の皆さんへの励ましの気持ちを込めて歌わせていただきました。いつも袴で歌っているので、ユニホームを着て歌うのはすごく新鮮でしたし、不思議な感じがしました。とてもいい経験をさせていただきましたが、毎年、出させてもらえたらいいですね」と笑顔を見せた。

また、7回表が終了し、スワローズの攻撃前、再び観客の前に現れた氷川は、昨年も歌った「東京音頭」をスタンドの観客に向かって元気いっぱいに披露して試合を盛り上げた。
最後まで熱戦が繰り広げられたが、試合結果は、DeNAが8対6でヤクルトに勝利した。

氷川きよし(その4)

9月6日には40歳を迎えるが、「自分の思いや考えをはっきり言える大人になりたい。感謝の気持ちを忘れずに、そして自分の生き方をちゃんと持って生きていけば、輝ける人生があるのかなと思います」と話していた。

 9月5日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場を皮切りに、同8日に名古屋、同10日に大阪の3カ所で新曲「男の絶唱」D、E、Fタイプ発売記念イベントを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる