*

■氷川きよしが初のZeppツアーのファイナルを東京で。ファンクラブ限定。4日間8公演で7000人動員

公開日: : ニュース

29枚目の最新シングル「みれん心」(日本コロムビアから2月2日発売)が20万枚突破とロングヒット中の演歌歌手・氷川きよし(38)が9日昼夜2回、東京・江東区のZepp Tokyoで「氷川きよしファンクラブ “きよ進”限定コンサート~きよしだ!Zeppで夏祭り!!」と銘打った夏祭りイベントを開いた。

氷川きよし(その1)

これは、ファンクラブ会員のみが入場できる限定イベント。通常のコンサートでは行わないライブハウスでの夏祭り的な演出と選曲で実施。このような夏を題材にした演出でのZeppツアーは今回が初めてで、8月2日の名古屋・Zepp Nagoyaを皮切りに、同4日に大阪・ZepP Namba、8・9日の両日、東京・Zepp Tokyoの3カ所で全8公演、合わせて約7000人を動員。

この日はZeppツアーの最終日で、約1200席の会場は昼夜ともにデビュー当時からの熱烈なファンで満席の中、「惚れて一生」と「きよしの数え唄」で賑やかにオープニングの幕を開け、「ファンクラブ限定のコンサートにようこそお越しくださいました。ファンクラブでは大変お世話になりまして、ありがとうございます。今日は感謝の気持ちを込めて、ふだんのコンサートツアーでは歌わない曲もたくさん皆さんに披露させていただきたいと思いますので、最後まで楽しんでお過ごしください」と笑顔であいさつ。

氷川きよし(その2)

 着流し姿で、高田浩吉のカバー曲「白鷺三味線」をはじめ、「浜町傾げ傘」「大江戸出世小唄」を歌った後、紅白グラデーションの法被に着替えて、和太鼓ソロ演奏に初挑戦。勇ましい演奏にファンも拍手喝采で大盛り上がり。 

続いて「男花」「夢太鼓」「夢勝負」、アコースティック調のアレンジによる新曲「みれん心」、司会者・西寄ひがしとのトークコーナーの中で、大好きだった故祖父との思い出話を交えながら8月2日からスタートした初めての配信曲「おじいちゃんちへいこう」(初の「NHKみんなのうた」8・9月)を披露。

氷川きよし(その3)

 白タイルチェックのスーツ姿で、アコースティック演奏をバックに「ほおずき」「ナツユキソウ」「海沿いのふるさと」「回転木馬(メリーゴーランド)」「白雲の城」、ピンクのスーツ姿で「「星空の秋子」「箱根八里の半次郎」「玄海船歌」でファイナルを迎え、「今日は、改めてお一人おひとりに感謝の気持ちでいっぱいです。これからも氷川きよしはいろんなことに挑戦して、老若男女の皆さんにお喜びいただけるような歌の世界をお届けしたいと思っています。夢や希望がある世界、せつない世界、胸がきゅんとくる世界、股旅演歌の世界など様々な歌の世界がありますので、これからも無限の可能性を信じて歌の道を歩んでいきたい」と話していた。

 そしてアンコールでは、紺の浴衣姿で「東京音頭」「きよしのへっちゃらマンボ」「きよしのソーラン節」「きよしのズンドコ節」を、お祭り気分で客席と一体となって盛り上がり、ふだん聴けない曲も交えての全22曲のスペシャルプログラムと熱気に満ちあふれたステージで最後までファンを存分に楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる