*

■成底ゆう子が第4弾アルバム「ナリシカー」発売記念ワンマンライブ。公約のダイエット&三線初披露

公開日: : ニュース

沖縄・石垣島出身のシンガー・ソングライター、成底ゆう子(40)が、第4弾アルバム「ナリシカー」(キングレコードから2月3日発売)を発売したのを記念して22日、東京・渋谷区のduo MUSIC EXCHANGEで「NARIZAP~風の谷のナリシカー~」と銘打ったワンマンライブを開いた。

成底ゆう子(その1)

今回のアルバムが決まった昨年7月、自分のレギュラー番組で2つのチャレンジを公約。ライブのタイトルは「ライザップと『風の谷のナウシカ』のパクリです」と前置きしてから「1つ目は『ダイエットすること』、2つ目は『三線を披露すること』です。去年の夏にワンマンライブをやったとき、すごく太っていたんです。『次にライブをやるときは痩せましょう』と皆さんに約束しまして、結果にコミットするということで、こう見えても3・6㌔痩せました。去年の10月からダイエットを始めまして、食事と運動で調整しながら12月ごろから効果が出てきました。このライブが終わった後のビールがすごく楽しみです。髪の毛もきのう15㌢ぐらい切りました。今日のライブでは『リバウンドしないこと』を公約したいですね」とニッコリ。

成底ゆう子(その2)

 もう一つの「三線」は「今月7日に初めてこの三線にさわりまして、2週間、猛練習しました。これを機に先生について本格的に習おうかなと思っています。それから今日はもう一つ、チャレンジしようかなというものがありまして、今日の曲目の中に『月』という曲(「伝え歌」のカップリング曲)がありまして、弾き語りで歌うには難しいコード進行でなかなかできなかったのですが、それも弾き語りでやってみようかなと思っています。デビュー6年目を迎えましたので、今回はチャレンジを成功させ、新しい成底ゆう子を見ていただきたい」と意欲満々。

 約200人の熱狂的ファンが詰めかける中、キーボード、グロッケン、ピアニカ、三線と4種類の楽器を弾きながら同アルバムから「おばあのお守り」「ぼくのたからもの」、メジャーデビュー曲「ふるさとからの声」、第3弾シングル「伝え歌」など全19曲を熱唱した。

成底ゆう子(その3)

同アルバムは、約1年10カ月ぶりのリリースで、石垣島では「成底」のことを「ナリシカー」と読むそうで、NHKみんなのうた」(2016年2月~3月)の「おばあのお守り」をはじめ、自らDJを務めるbayfm「おーりとーり生まり島」(毎週水曜、後10・30)のオープニングテーマ曲「おーりとーり生まり島」、オリジナル新曲「ぼくのたからもの」、BEGINの名曲「島人ぬ宝」のカバーなど全10曲が収録。

同アルバムについて「自分の名前をタイトルに付けるほど思い入れのある1枚になりまして、自分の中で新しい成底を紹介できるアルバムになればいいかなという思いで作らせていただきました。デビュー6年目の成底はこういうふうに成長しましたと自己紹介できる大切な1枚になりました」と  アピールし、「ゆくゆくは全国ツアーをやりたいですし、紅白にも出てみたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる