*

パク・ジュニョン 福岡でクリスマスライブ!平成生まれと釜山生まれが初コラボ

12月23日、韓国・釜山出身の歌手、パク・ジュニョンさんが、福岡・博多区のミュージック&スポーツカフェ ダンシティで「演歌・歌謡曲を次世代に…平成生まれと釜山生まれのコラボレーションライブ」と銘打ったクリスマスライブを開きました。

201412230003

これは、音楽評論家で作詞家・湯川れい子さんが名誉学校長を務める「福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校」でプロのミュージシャンを目指す平均年齢20歳の若い生徒たちとのコラボレーションによるライブ。
演歌を知らない彼らが、パクさんが所属する事務所「ジョージ・プロモーション」社長で歌手・山本譲二さんの大ヒット曲「みちのくひとり旅」をアレンジして、そのバンド演奏で歌ったら面白いのではないかという企画が持ち上がり、今回、初めてのコラボが実現したもので、

「いままでやったことのない変わったライブをやりたかったので、学生の皆さんのバンドで歌わせていただくのがすごく楽しみです。何度かリハーサルをやらせていただいて、新しい可能性を感じました」

約80人の熱狂的な女性ファンらで満席の中、

「年末のお忙しい中、しかもこんなに寒い中、たくさんの方が来てくださってとてもうれしいです。皆さん、最後まで楽しんでいってください」

と笑顔であいさつし、新曲「顔」をはじめ、同カップリング曲「哀愁の雨」、第2弾シングル「チャラ」、クリスマスソング「ラストクリスマス」、山本譲二さんが彼に歌わせたいと思ったというカバー曲「サチコ」など全14曲を熱唱。

201412230002

途中、同校の生徒で結成された6人編成のバンド=キーボード・上田明果音(あかね)、ギター・赤司裕隆、ドラム&パーカッション・楢原啓太郎、ドラム&パーカッション・角誠二郎、キーボード・坂田愛華(まなか)、ベース・甲斐大基=で、若い感性によるアレンジとパワーあふれるサウンドをバックに「みちのくひとり旅」などを披露し、最後まで客席と一緒に盛り上がりました。

201412230001

バンドの一人、キーボード担当の坂田愛華さんは

「私は、山本譲二さんも『みちのくひとり旅』の曲も知りませんでしたので、原曲を聴いたり、山本譲二さんの映像を見たりして、自分たちだったらこういうふうにできるんだろうなと思って、先生たちにも協力していただいて作りました。ジュニョンさんの歌はさわやかで、すごく新鮮だなと思いました」

と話していました。
パクさんは

「演歌をやることをどう感じているかと皆さんに聴いてみたら、『すごく新鮮です』と言われて、その一言で演歌・歌謡曲はこれからももっと広がっていくなという可能性をすごく感じました。最初は小さなことかもしれませんが、これを機にどんどん広めていきたい。音楽が持っている力で国境もジャンルも世代も越えるすごさを皆さんに知っていただきたい。演歌・歌謡曲ファンの年齢層が高くなっているので、その演歌・歌謡曲の素晴らしさを若い世代の人たちにも伝えていきたい」

と新たな意欲に燃えていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
香西かおり(その4)
■デビュー30周年の香西かおりが思い出の東京・日枝神社で新曲「わすれ花」ヒット祈願

今年でデビュー30周年を迎える演歌歌手・香西かおり(53)が、4月19

神野美伽(その1)
■神野美伽が大阪・ 梅田クラブクアトロ5周年に登場。演歌とロックの融合で会場沸かせる。先輩ペギー葉山さんの歌も披露

演歌歌手・神野美伽(51)が4月18日、大阪・大阪市の梅田クラブクアト

沢田知可子(その2)
■沢田知可子が心のふるさと、新潟・長岡市で30周年記念コンサート。岡本真夜がサプライズでお祝いに

ミリオンヒット曲「会いたい」などで知られるシンガー・ソングライター、沢

夜桜演歌まつり(その3)
■18回目の長良グループ「夜桜演歌まつり」が東京・荒川区で開催。山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよしら全10組が出演

長良グループが主催する、演歌活性化のための一大イベント「第十八回・長良

CDジャケ写「この音とまれ!」
■大人気漫画の箏曲バーチャルCD「この音とまれ!」が出荷枚数1万枚突破と異例の大ヒットに

2012年9月号より「ジャンプSQ.(ジャンプスクエア)」(集英社)に

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる