*

パク・ジュニョン 新曲「嘆きの雨」発売記念ライブ 山本譲二の「みちのくひとり旅」を初披露

日本デビューして2年目を迎え、人気上昇中の韓国人歌手、パク・ジュニョンさん。9月25日にキングレコードから第3弾シングル「嘆きの雨」を発売したのを記念して、10月4日、東京・渋谷のマウントレーニアホールでライブを開きました。

パク・ジュニョン「嘆きの雨」発売記念ライブ

このホールは、昨年9月27日にファーストライブを行った場所。その一年後となった2回目のライブでは、自身初のバンド編成に。
「去年のライブと比べてパク・ジュニョンがどれぐらい成長したかを見ていただきたいと思います」

パク・ジュニョン「嘆きの雨」発売記念ライブ

新曲「嘆きの雨」をはじめ、そのカップリング曲「たかが恋、されど愛」、デビュー曲「愛・ケセラセラ」、第2弾シングル「チャラ」を披露。また、日本のヒット曲のカバーから「そして神戸」「石狩挽歌」、韓国のヒット曲のカバーから「無条件」、それに前回に続いて応援に駆けつけた同じレコード会社の先輩歌手・小金沢昇司とのデュエットで「オモニ~母へ~」など全13曲を熱唱しました。

そしてこの日のもう一つの見どころとして、所属事務所の社長でもある歌手・山本譲二の大ヒット曲「みちのくひとり旅」を初披露。ロックっぽいアレンジで歌い上げました。前回よりも一段と成長した姿を見せながら最後まで満員のファンを楽しませました。

パク・ジュニョン「嘆きの雨」発売記念ライブ

今年3月13日の東京・池袋サンシャインシティ噴水広場からスタートした「全国巡業ツアー」(日本全国47都道府県すべてをキャンペーンで回るツアー)も、残すところあと14県。来年3月12日の彼の誕生日までに目標達成を目指しているそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる