*

演歌をあの曲調にアレンジ?時にはコブシをゆるめて、コーヒーや紅茶を片手に演歌でも。

公開日: : 最終更新日:2014/08/12 まとめ記事, 特集 , , , ,

今日は演歌に関連した、「おおッ?」と思ったことを紹介。
先日、演歌関連の記事の中から、演歌をボサノバ調にアレンジした“演歌ボサノバ”を紹介しているまとめ記事を発見しました(゚∀゚)!

↓そのまとめ記事↓
【新しい演歌の聴き方[演歌ボサノバ]】

まず、ボサノバとは?
1950年代にブラジルで起こったポピュラー音楽。サンバがジャズの影響を受けてできたもの。(Yahoo!辞書より抜粋)

皆さんも一度は聴いたことがある曲調だと思います。
ボサノバ調にアレンジされた日本の音楽はたくさんあって、最近では雰囲気のあるカフェや雑貨屋さんで流れていることが多いですね。
つまり、ゆったりした雰囲気を演出するのに、ぴったりな曲調です。
そんなボサノバ調に、演歌がアレンジされているというわけです!緑茶や日本酒より、コーヒーや紅茶が似合うような(゚∀゚)

“演歌ボサノバ”でアレンジされているのは、演歌では名曲中の名曲「津軽海峡冬景色」や「人生いろいろ」、「雪國」、「川の流れのように」など。
洋風なアレンジですが、どれも本来の日本語の美しさが引き立っているような気がします。
若い方にも聴きやすいんじゃないでしょうか。記事にも書いてありますが、“カジュアル”に演歌をはじめられそうです。

でも、どんなに別の曲調にアレンジしても「いい曲だなあ」と思えるのは、
元々の演歌が素晴らしいからでしょう…。
時には拳をゆるめて、別の角度から名曲を聴いてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大月みやこ(その2)
■大月みやこがペンギンたちの前で新曲「流氷の宿」発売イベント。自らプロデュースした「流氷ビール」も披露

今年でデビュー53年目を迎え、「平成29年春の叙勲」で「旭日小授章」も

ごぼう先生(その4)
■ごぼう先生が敬老の日イベント。毒蝮三太夫がPR隊長として応援に駆けつけ、シニアと一緒にイス体操

介護予防を笑顔で伝える「大人のための体操のお兄さん」としてシニア世代の

中村美律子(その1)
■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレ

秋元順子(その3)
■秋元順子が「秋の全国交通安全運動北区民のつどい」で交通安全をPR。ミニライブで全6曲披露

13枚目のニュー・シングル「夢のつづきを…」(詞曲・花岡優平)が好セー

市川由紀乃(その3)
■市川由紀乃が東京・浅草公会堂でコンサート。島倉千代子、五木ひろしのカバー曲やポップス曲にも挑戦

デビュー25年目を迎え、最新シングル「はぐれ花」(発売・キングレコード

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる