*

【携帯で演歌】にて新連載がスタート。北島三郎さんこと“サブちゃん”の人生を貴重な写真と共に振り返ります!

公開日: : 最終更新日:2014/03/04 スマホ, 更新情報 , , ,

2013年9月より、【携帯で演歌】にて新連載がスタートしました。
その名も、サブちゃん物語!!

2013100100001

演歌といえば、北島三郎さん。そんな北島三郎さんこと“サブちゃん”の人生は一体どのようなものだったのでしょうか…??
常に音楽と共に在り続けた半生を、8回に渡り当時の貴重な写真と共に振り返る、そんな連載となっています。
今回は内容をちょこっとだけ紹介!

 

高校の卒業が間近に迫った頃、これでやっと働き手が一人増えると思っていた両親は、長男の途方もない夢を打ち明けられて驚いた。
「俺は、歌手になる。東京へ行ってスターになるんだ」
「馬鹿なことをいうでねえ」
そう言ったきり父は、そっぽを向いた。気まずい日々が過ぎたが、彼の決心はますます固くなるばかりだった。
「穰、東京さ行け。でもな、もし帰ってきてもおまえに分ける田畑は一つもねぇぞ」
父は厳しい表情で言った。父の言葉と反対に
「駄目な時は、いつでも帰ってきな。体だけは気をつけろ」
と言って母は涙ぐんだ。

 出発の前夜、両親が贈ってくれた真新しいダスターコートをボストンバッグに詰める穰少年の目に、拭っても拭っても涙が溢れて仕方がなかった。
旅立ちの日、小雪舞う函館港に青函連絡船のドラが鳴り、見上げると灰色の空に鴎が舞っていた。

【サブちゃん物語】第2回より 

 

 

そして、サブちゃんの怒涛の半生は【サブちゃん物語】第3回へと続きます!

「サブちゃんと何十年も共に歩んできた、筋金入りの北島三郎ファン」な方はもちろん、「年に1回、紅白で歌ってる姿を見るくらい」な方にもぜひ見てほしい新連載【サブちゃん物語】。
現在、第4回を公開中。毎週更新していきますので、ぜひお楽しみに~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那市の「高遠しんわの丘ローズガーデン」で開催中の「バラ祭り」で新曲など全4曲熱唱

通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコミュニケー

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション9」発売記念イベント。6月4日に発売

デビュー20周年を迎え、最新シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シン

クミコ(その2)
■クミコが原点のシャンソニエで、大反響の詩「七日間」と書籍から誕生した純愛のうた「妻が願った最期の『七日間』」を披露

銀巴里が生んだ最後の歌姫として5年ぶりにリリースしたシャンソンフルアル

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる