*

■山本あきとパク・ジュニョンが東京・護国寺で豆まき。ミニライブではそれぞれの新曲など各4曲熱唱

公開日: : 最終更新日:2016/02/04 ニュース ,

2月10日に新曲「大阪さみしがり」(詞・田久保真見、曲・徳久広司、発売・キングレコード)を発売する演歌歌手・山本あき(39)と、第5弾シングル「河口湖」(詞・石原信一、曲・浜圭介、発売・キングレコード)が好調の韓国人歌手、パク・ジュニョン(33)の2人が3日、東京・文京区の護国寺で開催された「護国寺節分会2016」でミニライブ&豆まきを行った。

山本&パク(その1)

参拝客やファンら約2000人が詰めかける中、和太鼓の演奏で幕を開け、パクが「日本に来てから5年になりますが、今日は初めて豆まきをさせていただきます。韓国には豆をまくという文化がないので、楽しみにしてきました。幸運と福を込めていっぱい豆をまかせていただきます」とあいさつ。

「河口湖(夜盤)」のカップリング曲「順子の夜」をはじめ、2月17日発売の第3弾アルバム「さよならは言わせない~パク・ジュニョン・サード・アルバム~」に収録の「霧の摩周湖」(布施明のカバー曲)、2月17日発売の「河口湖(昼盤)」=夜盤と昼盤は、カップリング曲とジャケット写真が異なる=のカップリング曲「原宿竹下通り」、それに最新シングル「河口湖」の全4曲を熱唱。

山本&パク(その2)

 続いて山本が「5年前にも一度、この護国寺さんの豆まき式に参加させていただきました。私はお相撲が大好きでして、今日は豊ノ島さんや正代さんもいらっしゃっているのでとてもうれしいです」と笑顔であいさつ。

地元・金沢を舞台にした「金沢わすれ雨」をはじめ、ニュー・シングル「大阪さみしがり」、同カップリング曲「想い出トランプ」、前作シングルで、「日本作曲家協会音楽祭2015」で〝奨励賞〟を受賞した「十六夜化粧」の全4曲を熱唱。

 その後、今年の年男&年女をはじめ、相撲界から豊ノ島関、正代関、作曲家・浜圭介さんら大勢の参列者が裃(かみしも)姿で月光殿から花道を通って本堂まで練り歩き、本堂では大護摩法要で祈祷。

山本&パク(その3)

最後に、この日のメインイベントでもある豆まき式を行い、花道に立った参列者たちが全員で「鬼は外~!」「福は内~!」と声を掛け合いながら豆をまき、その豆を花道下で懸命に拾おうとする人たちの姿で大いに賑わった。

山本は「今日は、来週発売になる新曲を発売前にここで歌わせていただけたのも何かのご縁ですので、キングレコードから一番近い護国寺さんで今年もいいご縁をいただいて帰りたいと思います。今日はとても幸せでした。パク・ジュニョンさんと一緒に頑張って、2人で紅白歌合戦に出られたらいいですね」、パクは「今回初めて参加させていただいてうれしかったです。日本の素晴らしい文化を体験させていただいて光栄です。僕なりに幸運と福をいっぱい込めて豆をまかせていただきました」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる