*

山本あきがマンスリーライズをスタート。第1回は東京・錦糸町のセキネ楽器で

公開日: : ニュース

今年2月4日発売の11枚目のニュー・シングル「十六夜化粧」(詞・田久保真見、曲・四方章人、発売・キングレコード)が好セールス中の演歌歌手・山本あき(39)が20日、東京・錦糸町のセキネ楽器店特設ステージでマンスリーライブを開いた。

山本あきイベント画像1
今月から「山本あき マンスリーライブ」と銘打った月に一度の定期ライブを行うことになり、この日が第1回目。ギターの弾き語りが基本のライブで、新曲キャンペーンとはひと味もふた味も違った趣向によるスペシャルライブだ。

「今日でデビュー丸9年を迎え、明日(6月21日)から10年目に入りますが、前々から自分の原点でもあるライブパフォーマンスをやりたいと思っていて、それが実現できてとてもうれしいです。演歌のファンの方はもちろん、幅広い世代の方にも私の歌を聴いていただきたいですね」

山本あきイベント画像2
大勢のファンが詰めかける中、「いつもはセキネ楽器さんんにキャンペーンでお世話になっていまして、今日は違う人が出てきたなとお思いでしょうが、キャサリン似の山本あきということで皆さんにご覧いただきたいと思います。今日は通常のキャンペーンとは違います。明日6月21日が私のデビュー記念日でして、ちょうど10年目に入るということで、改めて原点に帰りたいなと思いました。

 原点というのは、学生時代、20歳過ぎまでロックバンドをやっていまして、ギターを弾きながら故郷・石川県は金沢市内を流しをしながら歩いていました。そんなスタイルをもう一度、原点に戻って、また新たな10年目を迎えようということでこういうスタイルで錦糸町におじゃましました。今日は記念すべき第1回目です。どうぞしばらくの間、お付き合いください」と挨拶。

山本あきイベント画像3
 アコースティックギターの弾き語りで、森昌子のカバー曲で、セカンド・アルバム「あきがたりⅡ」に収録の「孤愁人」をはじめ、オリジナルシングル曲「金沢わすれ雨」、昭和の名曲「あざみの歌」、それに新曲「十六夜化粧(いざよいげしょう)」、同カップリング曲「琵琶湖哀歌」(両A面)の全5曲を熱唱した。

次回は、7月18日に同店で開催。

「期限を決めずにこれからずっとマンスリーライブを続けていきたいですし、地元・石川県の金沢でもやってみたいですね。このライブで昭和の名曲にも挑戦しながら自分の歌の幅を広げていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
走-裕介(その4)
マススペシャルディナーショーでオリコン1位の新曲「春待ち草」も熱唱。同じ北海道出身のサクソフォーン奏者・西尾貴浩とコラボも披露

今年でデビュー10周年を迎え、同記念ツアー(全国13カ所13公演)を大

西方&和田(その3)
■西方裕之と和田青児が、あの「伝説のライブ」を平成最後の年に5年ぶりに再演。爆笑トークを交えながら熱唱

「第32回 藤田まさと記念 新作歌謡コンクール」(日本音楽著作家連合主

iwasa_sancha_A
岩佐美咲 新曲は三軒茶屋が舞台の歌謡曲!?

岩佐美咲の8枚目となるシングル「恋の終わり三軒茶屋」が2019年2月1

真木柚布子(その3)
■真木柚布子が30周年記念ディナーショー「三十年の歌語」開催。30年の集大成ステージでファン300人魅了

1989年に「いのちの花」でデビューして今年で30周年を迎え、11月2

中村雅俊(その1)
■中村雅俊が全国ツアーの東京公演を中野サンプラザホールで開催。新曲「だろう!!」も披露

今年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる