*

「ユニバーサルミュージック歌謡フェスティバル」で同社所属の山川豊、香西かおりら7アーティストが競演

大手レコード会社「ユニバーサルミュージック」に所属の山川豊(56)をはじめ、香西かおり(51)、暁月めぐみ(40)、森山愛子(30)、レーモンド松屋(64)、徳永ゆうき(20)、最上川 司(もがみがわ・つかさ、年齢非公表)の演歌・歌謡曲系アーティスト全7人が一堂に会して12日、東京・町田市の町田市民ホールで「ユニバーサルミュージック歌謡フェスティバル」(主催・鈴木楽器店)と銘打ったコンサートが開かれた。

ユニバーサルミュージック歌謡フェスティバル画像1
862席の会場は熱烈な中高年ファンで満席となり、オープニング前に主催者・鈴木楽器店の鈴木攻一社長が「今回は、大手メーカーのユニバーサルミュージックさんのご協力、ご後援をいただきました。皆さま方によい歌を、新しい曲をたくさん聴いていただきたいということで、山川さん、香西さんをはじめ、出演者の皆さま方が大変張り切っておられます。どうか温かいご声援、よろしくお願いいたします」と挨拶。

 トップバッターの徳永ゆうきは、第2弾シングル「平成ドドンパ音頭」、昭和の名曲「高原列車は行く」、新曲「夢さがしに行こう」の3曲、ビジュアル系ロックバンド「マイクロヘッドフォンズ」のドラマーで、今月10日に念願だった演歌でソロデビューした世界初の新型ビジュアル系演歌歌手・最上川 司は、デビュー・シングル「まつぽいよ」、暁月めぐみは、「ふるさとになりたい」「あなたがいたから」、それにものまねで石川さゆりの「天城越え」、中島みゆきの「麦の唄」の4曲を披露。

ユニバーサルミュージック歌謡フェスティバル画像2
 客席から登場した森山愛子は、デビュー曲「おんな節」、韓国のヒット曲のカバー「約束」、新曲「骨から泣きたい雪子です」の3曲を聴かせ、演歌のシンガー・ソングライター、レーモンド松屋は、「しのび駒」「来島海峡」「安芸灘の風」、新曲「望郷屋台酒」の4曲をエレキギターの弾き語りでステージを盛り上げた。

 続いて香西かおりは、「流恋草」「無言坂」「酒のやど」、共演のレーモンド松屋が作詞・作曲した「とまり木夢灯り」、それに「くちなし悲歌」の5曲を披露。
 
この日のトリを務めた山川は「『ユニバーサルミュージック歌謡フェスティバル』にようこそお越しいただきました。今回主催の鈴木楽器さんに感謝申し上げます。そして今日お越しの皆さん、本当にありがとうございます」と笑顔で挨拶し、「アメリカ橋」「友情」「函館本線」、新曲「螢子(けいこ)」の4曲を熱唱し、ファイナルは出演者全員が集まって昭和の名曲「いつでも夢を」を歌い、7人合わせて全25曲のプログラムで2時間を超える熱唱ステージで最後まで満員の客席を楽しませた。                      

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる