*

■史上初の快挙! レーモンド松屋の新曲「Kissしてハグして大阪/星空のエレベーター」の2曲が有線放送キャンシステム「演歌お問合せランキング」で2カ月連続1位を獲得

公開日: : ニュース

五木ひろしの大ヒット曲「夜明けのブルース」や香西かおりの2015年のヒット曲「とまり木夢灯り」などの作詞・作曲で知られる愛媛県出身・在住の人気シンガー・ソングライター、レーモンド松屋(65)が、ユニバーサルミュージックから5月25日に発売した第8弾シングル「Kissしてハグし大阪/星空のエレベーター」(両曲とも詞曲・レーモンド松屋)=両A面シングル=が、有線放送キャンシステムの「演歌お問合せランキング」で2カ月連続1位という史上初の快挙を成し遂げたことが3日、分かった。

レーモンド松屋001

「演歌お問合せランキング」とは、同音楽放送サービスの放送楽曲に関して、毎月、問合せの多い演歌の楽曲を集計し、上位からランキング用に集計したデータのこと。
 その「4月度・演歌お問合せランキング」で、大阪を舞台に大人の恋を描いた「Kissしてハグして大阪」が1位を獲得し、もう1曲の「星空のエレベーター」が、翌月の「5月度・演歌お問合せランキング」で1位を獲得と、2カ月連続1位に輝いた。

kissしてハグして大阪ジャケ写

 レーモンド松屋といえば、メジャーデビュー曲「安芸灘の風」(2010年7月7日発売)が、かつて「演歌お問合せランキング」で2010年2月から5月まで史上初となる4カ月連続1位を獲得して大きな話題を呼んだが、今回のように同じシングル作品の中からの2曲が連続で同ランキングで1位になるというのはキャン有線史上初めてのことだ。

レーモンド松屋002

 今度の新曲は、両曲とも取り上げているシチュエーションは異なるが、「大人の恋の吟遊詩人」ことレーモンドの松屋の原点である「ネオGSサウンド」で描いた大人の恋の物語。彼のファン層の中心である45歳から60歳代の男女が求めている音楽を如実に反映した結果が、今回の快挙につながったと言えるだろう。
 59歳でデビューして今年7月で7年目を迎えるが、全国をまたにかけて精力的に活動中の彼は「有線を聴いてくださっている多くの方々が、この2曲に大きな関心を寄せてくださるのは何よりの喜びです。この勢いに乗ってCDのほうもぜひ大ヒットさせたい」と大張り切りだ。

 7月22日には、大阪・心斎橋ミューズホールでライブを開催。大阪では初のバンドでのワンマンライブで、こちらもファン必見のステージだ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる