*

■永井裕子が20周年の2020年に向けて第1弾ライフワークコンサート。サプライズで角川博が応援に

公開日: : 最終更新日:2016/06/09 ニュース

新曲「音信川(おとずれがわ)」(詞・仁井谷俊也、曲・四方章人、発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・永井裕子(35)が8日、東京・千代田区の日本教育会館一ツ橋ホールで「夢道 Road to 2020」と銘打ったコンサートを開いた。

永井裕子(その1)

2000年6月21日に「愛のさくら記念日」でデビューし、昨年は15周年の集大成コンサートを東京・浅草公会堂で開催。今回の公演は、2020年に向けてのライフワークコンサート第1弾で、「昨年は、充実した15周年を過ごさせていただきましたので、これから20周年を迎える2020年に向けて新たなる目標である『ライフワークコンサート』として、毎年、コンサートを開きながら1年ずつ成長していく『歌手・永井裕子』の姿を皆さまに見ていただきたいなと思っています」と大張り切り。

永井裕子(その2)

 800席の会場は、デビュー当時からの熱烈なファンらで満席となり、オープニングから熱い声援が飛び交う中、「今日は本当にたくさんのお客さまにお越しいただきまして、ありがとうございます。2020年がちょうど私の29周年の年です。20周年までのカウントダウンが始まりましたので、これから毎年コンサートを開き、2020年には盛大なコンサートができるよう日々頑張ってまいりますので、永井裕子のことを見守っていてください」とあいさつ。 

 新曲「音信川」をはじめ、「郡上八幡おんな町」「菜の花情歌」「望郷岬」、彼女が子どものころによく聴いていたという男性歌手の昭和のヒット曲から石原裕次郎の「北の旅人」、北島三郎の「漁歌」、山本譲二の「みちのくひとり旅」、寺尾聰の「ルビーの指環」、それに前作シングル「雪國ひとり」、デビュー曲「愛のさくら記念日」など、アンコールを含めて全24曲を熱唱した。

永井裕子(その3)

 ステージ上に飾り付けられたバルーンアートは、デビューのときから可愛がってもらっているという同じレコード会社の先輩歌手・角川博(62)の妻で事務所社長・角川さおりさんが制作したそうで、「角川博さんは、歌手として尊敬し、人として大好きな先輩です」と紹介して角川のヒット曲「女のきもち」を歌っていると、そこに突然、角川が現れ、予期せぬサプライズに涙を流しながら大感激。

 さらに歌(新曲「かなしい女」)まで披露した角川は「永井裕子は、皆さまに支えていただいて16年になります。ありがとうございます。裕子ちゃんは、可愛くて、性格がいい子です。裕子ちゃんのような後輩がどんどん出て来て、演歌・歌謡界をもり立ててもらいたいです」と話していた。
 カバー曲コーナーでは、珍しいパンツスーツ姿も披露。バラエティーに富んだ楽曲と着物姿、純白のドレス姿などのコスチュームと、見ても聴いても楽しめるステージで最後までファンを魅了した。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる