*

パク・ジュニョンが東京・マウントレーニアホールで4回目のライブ。全曲リクエストにこたえて全20曲披露

公開日: : ニュース

日本デビューして4年目を迎え、8月5日発売の5枚目のニュー・シングル「河口湖」(発売・キングレコード)がオリコン演歌・歌謡曲チャート(8月17日付)で自身初の1位を獲得して好スタートを切った韓国人歌手、パク・ジュニョン(33)が23日、東京・渋谷区のマウントレーニアホールで「パク・ジュニョン LIVE 2015 Vol.4~忘れられない時がある~」と銘打ったライブを開いた。

パク・ジュニョン(その1)

同ホールでのライブは今年で4回目。2012年の第1回目は、デビューして初の単独ライブ、2013年の第2回目は、自身初となる全編フルバンドによるライブ、2014年の第3回目は、ダンサーを交えての圧巻のステージで、かねてより念願だった母国・韓国にいるオモニ(母)を招いての記念すべきライブを開催。

そして第4回目は、一般のファンたちから「パク・ジュニョンに歌ってほしい曲」をホームページ上で募集してのオール歌謡曲リクエストライブ(約230通のリクエストから選曲)。

パク・ジュニョン(その2)

「今回の新曲『河口湖』は、河口湖を舞台に『追憶』をテーマにした曲ですので、皆さんからの追憶、思い出のある曲をリクエストしていただきました。その中には涙をこぼすような曲から楽しくて幸せになるような曲までたくさんのリクエストがありまして、僕もそれに共感しながら泣いたり、笑ったりして、スタッフの皆さんと一緒に選曲しました。ほとんど曲は知らなくて、覚えるのが大変でした。なかでも新沼謙治さんの「ヘッドライト』は、最初聴いたときは僕に合うのかなとちょっと不安でしたが、実際に歌ってみたらすごくいい曲でしたので、今日はジュニーバージョンで皆さんに聴いていただきたいなと思います」

300席の会場は、デビューのときからの熱烈なファンで満席の中、「今日は、皆さんが一つになって思い出の世界に入って楽しんでいただけるようなライブにしたい」と意気込みながら『カバー曲リクエストコーナ』から新沼謙治の「ヘッドライト」、村下孝蔵の「初恋」、水原弘の「黄昏のビギン」、浜田省吾の「片想い」、高山厳の「心凍らせて」、『パク・ジュニョン思い出の曲コーナ』から河島英五の「酒と泪と男と女」、山本譲二の「夜霧のあなた」、布施明の「霧の摩周湖」、『オリジナル曲リクエストコーナ』から「嘆きの雨」「黄昏のバラード」「チャラ」、それに新曲「河口湖」など全20曲を熱唱した。

パク・ジュニョン(その3)

また、新曲「河口湖」を歌うことになった縁で、同曲の舞台になっている富士河口湖町から「富士河口湖町観光大使」に任命。この日、同委嘱式で富士河口湖町の副町長・古谷征人(ゆきひと)から委嘱状が手渡された。

観光大使は、兵庫・赤穂市以来、2つ目で、「僕はまだまだ小さい力なんですが、出来る限り一生懸命、河口湖を宣伝できればと思っています。河口湖は自然が美しくて、とてもいいところです。僕も河口湖を一周する遊覧船に乗りましたが、富士山が見えるとても美しい景色に魅せられました。この歌を聴いて、これまで以上に日本全国、世界からたくさんの観光客の方に来ていただけたらうれしいですね」とPRしていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる