*

■パク・ジュニョンが東京・赤坂BLITZで全編フルバンドによる熱唱ライブ。ファン600人が熱狂

公開日: : ニュース

第5弾シングル「河口湖」(発売・キングレコード)=オリコン演歌・歌謡曲チャートで自身初の1位を獲得=がロングヒット中の韓国人歌手、パク・ジュニョンが11日、東京・港区の赤坂BLITZで「パク・ジュニョンLIVE2016~さよならは言わせない~」と銘打ったライブを開いた。

パク・ジュニョン(その1)

これは、第5弾シングル「河口湖」のリニューアル盤(昼盤)=カップリング曲をリニューアル=と第3弾アルバム「さよならは言わせない~パク・ジュニョン・サード・アルバム~」(共に2月17日発売)の発売を記念して行われたプレミアムライブで、過去最大規模によるワンマンライブだ。

コンセプトは「TWO HEARTS BEAT AS ONE」(ふたつの鼓動がひとつに鳴る)で、デビューから日韓両国の心をもって活動してきた彼が、来年迎える5周年を前にしての集大成ライブ。「全編フルバンドで歌を聴かせる」ことに特化した構成で、「今回は、全曲フルバンドで、生の歌をたっぷり聴いていただくのが一番の見どころです。最後まで皆さんに満足して、笑顔になって帰っていただけるよう頑張って歌いたい」と大張り切り。

パク・ジュニョン(その2)

 600人の熱狂的ファンが詰めかける中、「今日の日をずっと楽しみにしていました。初めての赤坂ブリッツ、そしてフルバンドで歌わせていただきます。今日は3月11日、あの震災(東日本大震災)の日ですが、こういう日に元気にステージができることにとても感謝しています。被災地の皆さん、ぜひお元気になられるように…。そして、一日も早く復興できるよう僕も心からお祈りしています」とあいさつ。

 韓国で買ってきたという2着のジャケット(衣装)も交えながらデビュー曲「愛・ケセラセラ」をはじめ、「チャラ」「顔」「嘆きの雨」、サード・アルバムから「街の灯り」「さよならは言わせない」「酒と泪と男と女」、それに韓国のヒット曲のカバーから「ガラスのメモリーズ」「もうひとつの土曜日」「イ・ノレ」を初披露するなど全22曲を熱唱。

パク・ジュニョン(その3)

 また、翌12日が34回目の誕生日を迎えるのを祝ってスタッフたちからサプライズでバースデーケーがプレゼントされ、ファンたちからも祝福されながら大喜びしていた。

 34歳のバースデーは「明日は大阪で仕事です。誕生日もすごくうれしいのですが、ファンの皆さんにお会いできるのが何よりもうれしいです。来年でデビュー5周年を迎えますので、その5周年に向けて頑張っていきたいですし、5周年のときにはツアーもやりたいですね」とニッコリ。

東日本大震災については「5年前の3月1日に日本に来て、初めて経験した地震です。韓国ではほとんど地震がありませんので、本当に驚きました。僕ができることは歌しかありませんので、機会があればぜひ被災地に行って歌わせていただきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる