*

水森かおりが新曲の舞台、奈良・桜井市のJR・近鉄桜井駅で一日駅長。桜井市民会館で新曲など全6曲熱唱

公開日: : ニュース

デビュー20年目を迎え、4月1日発売の最新シングル「大和路の恋」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)が大ヒット中の演歌歌手・水森かおり(42)が20日、新曲の舞台になっている奈良・桜井市のJR・近鉄「桜井駅」で一日駅長を務めた。

水森かおり(その1)

10月1日から始まる「なら大和路探訪キャンペーン2015」(12月27日まで)=奈良県、西日本旅客鉄道、近畿日本鉄道、奈良交通の4者が共同で、奈良大和路への旅客誘客の一環として実施=のオープニングイベントとして、「奈良県観光プロモーション親善大使」と「桜井市観光親善大使」も務める水森が一日駅長とミニステージを行うことになったもの。

桜井駅前で「水森かおり一日駅長委嘱式」が行われ、奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」と桜井市のマスコットキャラクター「ひみこちゃん」も応援に駆けつける中、近鉄桜井駅長・房谷嘉之さんから委嘱状を、続いてJR桜井駅長・森林昇さんから「桜井駅一日駅長」と書いたタスキが手渡された。

水森かおり(その2)

一日駅長の水森は「今日は本当にいいお天気に恵まれました。私が外でイベントをすると必ず雨が降るので心配だったんですけれども(笑)、素晴らしい青空の下、気持ちいい風の中、こうして一日駅長に任命していただきまして身の引き締まる思いです。新曲『大和路の恋』を4月1日に発売させていただき、いろんなご縁をたくさんいただきました。これからもこの歌を大切に、また桜井市の皆さまとのご縁がずっとずっとこれからも続いていくように一生懸命頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします」とあいさつ。

JR桜井駅のホームに移動し、2番線ホームで出発式を実施。森林JR駅長、房谷近鉄駅長、奈良県副知事・浪越照雄さん、桜井市長・松井正剛さんと一緒にテープカット。その森林駅長と一緒に13時58分・桜井駅発奈良行き列車「旅万葉号」の出発合図を行い、同列車を見送った。

水森かおり(その3)

その後、桜井市民会館でミニステージを開き、約5000通の応募の中から選ばれた1200人の熱烈なファンが詰めかけ満席の中、「奈良県は私にとって大切なふるさとの一つになりました。今日もそんな感謝の気持ちを歌に込めて一生懸命歌います」とあいさつし、新曲「大和路の恋」をはじめ、7月1日発売のデビュー20周年特別盤のカップリング曲で、南こうせつが作曲した「花恋文」(NHKラジオ「深夜便のうた」)、紅白初出場歌唱曲「鳥取砂丘」など全6曲を熱唱。最後に「桜井市の皆さんのお力をお借りして、13回目の紅白を目指して頑張ります」と張り切っていた。

この後、奈良では12月5日に奈良県文化会館でコンサートを開く。
 9月16日にニュー・アルバム「歌謡紀行14~大和路の恋~」を発売。
9月25日に東京・中野サンプラザホール、10月25日に大阪・フェスティバルホールでそれぞれメモリアルコンサートを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる