*

水森かおりが奈良・桜井市の「おんぱら祭」初参加。綱越神社で新曲など全4曲熱唱。大神神社で大ヒット祈願

デビュー20周年を迎え、通算23枚目の最新シングル「大和路の恋」(詩・仁井谷俊也、曲・弦哲也)=徳間ジャパンコミュニケーションズから4月1日発売=が10万枚突破とヒット中の演歌歌手・水森かおり(41)が31日、同曲の舞台になっている奈良・桜井市の綱越神社で開催の夏祭り「おんぱら祭」に初参加した。

水森かおりイベント画像1

 「おんぱら祭」は、7月30日、31日、8月1日の3日間にわたって行われる当地の代表的な夏祭りで、この日は県下でも有数の「おんぱら祭奉納花火大会」も開催。

 大勢の地元ファンや観光客らで賑わう中、同神社境内の特設ステージでミニライブを開き、「4月1日にこの奈良県を舞台にした新曲『大和路の恋』を発売して、奈良の皆さんとの大きな深いご縁をいただきました。そして、こうして『おんぱら祭』の素晴らしいステージにお招きいただきましてありがとうございます。たくさんの皆さんに私の歌を聴きに来てくださってうれしいです」と笑顔で挨拶し、新曲「大和路の恋」をはじめ、「熊野古道」「鳥取砂丘」、再度、新曲の全4曲を熱唱。

 最後まで熱い声援が飛び交い、「皆さまから『奈良県の歌を歌ってもらえてうれしい』と喜んでいただけたことが何よりもうれしいです。皆さまにいいご報告ができるように、この大みそかの紅白歌合戦で『大和路の恋』が歌えるように頑張っていきたいと思います。ぜひ応援をよろしくお願いいたします」と話していた。

水森かおりイベント画像2

 ミニライブ前には、新曲の歌詞にも出てくる「大神(おおみわ)鳥居」のある「大神(おおみわ)神社」=歌唱した場所の綱越神社は、日本最古の神社・大神神社の摂社=を訪れ、さらなる大ヒットを祈願。

 新曲発売日の前日、3月31日にも大神神社でヒット祈願を行ったが、「その祈願のお陰があって、オリコンウィークリーランキング初登場総合10位といういいスタートを切ることができました。そして、県民の方はもちろん、全国の皆さまに応援していただき、お陰さまでいい結果を出すことができました。これからもさらなる大ヒットを目指して頑張って歌っていきたい」と意欲を燃やしていた。

水森かおりイベント画像3
 現在、「奈良県観光プロモーション親善大使」と「桜井市観光親善大使」=両大使とも奈良県、桜井市にとって初めての大使=も務める水森は「両大使の任務の一つとして今回は『おんぱら祭』に参加させていただきました。これからも奈良県、桜井市のためにお役に立てたらうれしいです。

 桜井市の皆さんはとてもやさしくて、いつも温かく迎えてくださり、お会いするたびにほっとします。これからもこの新曲を通じて桜井市、奈良県のすばらしさを全国にPRしていきたいですし、いつもやさしく迎えてくださる地元の皆さんへの恩返しのためにもさらなるいい結果を残していきたいですね」。

 なお、9月25日に東京・中野サンプラザホール、10月25日に大阪・フェスティバルホールでそれぞれメモリアルコンサートを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大月みやこ(その2)
■大月みやこがペンギンたちの前で新曲「流氷の宿」発売イベント。自らプロデュースした「流氷ビール」も披露

今年でデビュー53年目を迎え、「平成29年春の叙勲」で「旭日小授章」も

ごぼう先生(その4)
■ごぼう先生が敬老の日イベント。毒蝮三太夫がPR隊長として応援に駆けつけ、シニアと一緒にイス体操

介護予防を笑顔で伝える「大人のための体操のお兄さん」としてシニア世代の

中村美律子(その1)
■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレ

秋元順子(その3)
■秋元順子が「秋の全国交通安全運動北区民のつどい」で交通安全をPR。ミニライブで全6曲披露

13枚目のニュー・シングル「夢のつづきを…」(詞曲・花岡優平)が好セー

市川由紀乃(その3)
■市川由紀乃が東京・浅草公会堂でコンサート。島倉千代子、五木ひろしのカバー曲やポップス曲にも挑戦

デビュー25年目を迎え、最新シングル「はぐれ花」(発売・キングレコード

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる