*

市川由紀乃が新城神社の盆踊り大会にゲスト出演。「由紀乃太鼓」に合わせて盆踊りを

4月22日発売の新曲「命咲かせて」(発売・キングレコード)が、オリコン演歌週間ランキング14週連続ベスト10ランクイン(1位は4回獲得)を果たし、現在、5万枚突破とロングセラー中の演歌歌手・市川由紀乃(39)が1日、神奈川・川崎市の新城神社で行われた「納涼盆踊り大会」にゲスト出演した。

市川由紀乃イベント画像1

 これは、新曲のカップリング曲「由紀乃太鼓」が、新城神社周辺の人たちの間で盛んに歌われていることから、その地区(川崎市中原区)に在住のキングレコード・キング舞踊普及会の教授を務める若柳流師範・若柳吉佐(わかやぎ・きちさ)さんが「私のお弟子さんや皆さんに踊っていただけるように自分が振り付けしましょう」と申し出て、同曲を流しながらの盆踊り大会が決まったもの。

 その踊りのポイントは「和踊りで、軽快に威勢よく、どなたにも踊っていただけるように振り付けてみました」と若柳さん。

市川由紀乃イベント画像2

 それを聞いた市川は、「それならぜひ私の生歌で皆さんに踊っていただきたい」と申し出てゲスト出演が決まったもので、「私が小学校時代は、毎年、地元、埼玉・浦和市の盆踊り大会に行き、そこで行われるカラオケ大会でよく歌っていました。デビューしてからもハワイで行われた盆踊り大会に行って歌った思い出があります。今日は、私が歌う『由紀乃太鼓』で皆さんに踊っていただけるのが何よりも楽しみです」とニッコリ。

 同神社境内には、約400人の地元やファンの人たちが詰めかけ、盆踊りで盛り上がる中、市川が登場すると、全員が大喜び。「先ほどからうれしいことに『由紀乃太鼓』が流れていて、その曲に合わせて皆さまが踊ってくださっていて感激しました」と笑顔で挨拶し、新曲「命咲かせて」を披露。

市川由紀乃イベント画像3

 そして、「今日は、私の母親のように慕わせていただいている踊りの若柳吉佐先生が新曲のカップリング曲『由紀乃太鼓』の踊りをつけてくださいまして、新城神社さまのお祭りで皆さまが輪になって踊ってくださるというお話を伺いまして、今日ここに来て歌わせていただけるのでとても幸せに思っております。

 この『由紀乃太鼓』で皆さまが踊ってくださるのが夢でしたので、今日この夢が叶いました」と感激しながら「由紀乃太鼓」を歌い、それに合わせて参加者全員が輪を作って一斉に踊って盛り上がった。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる