*

市川由紀乃が新曲キャンペーンで母・栄子さんに新曲歌唱&感謝状をプレゼント。大みそかを目標に!

公開日: : ニュース

4月22日発売のニュー・シングル「命咲かせて」(詞・石原信一、曲・幸耕平、発売・キングレコード)がオリコン演歌・歌謡曲チャート初登場1位を獲得して好セールス中の演歌歌手・市川由紀乃(39)が9日、埼玉・蕨市のCDショップ「ミヤコ蕨店」で新曲キャンペーンを行った。

20150511i市川由紀乃キャンペーン画像1
 同店は、昔から演歌ファンたちの間で人気を集め、多くの演歌歌手がキャンペーンで訪れている演歌専門店だ。市川自身もデビューのときから数え切れないほど同店にキャンペーンで訪れており、今回は新曲「命咲かせて」を引っ提げてキャンペーンを行うことになったもの。

 限定100人のファンが詰めかける中、「今日は、デビューのころから大変お世話になっているミヤコさんに新曲キャンペーンでおじゃまさせていただきました。皆さまにお会いできるのをとても楽しみにやってまいりました」と笑顔であいさつし、新曲をはじめ、同カップリング曲「由紀乃太鼓」、前作「海峡岬」、故・島倉千代子さんのカバー曲「東京だョおっ母さん」の全4曲を熱唱。

20150511i市川由紀乃キャンペーン画像2

 その後、同キャンペーンに招待した母親の松村栄子さん(70)をファンに紹介し、「母の日」への感謝の気持ちを込めて、「この世に命を咲かせてくれたお母さん。いつも笑顔を絶やさず私を明るい気持ちにしてくれるお母さん。日頃のお礼と感謝の気持ちを込めて、ここに感謝状と歌をお送りいたします」と書いた感謝状を手渡した。

 それに対して、サプライズで母・栄子さんから手紙が送られ、「いつまでも感謝の気持ちを忘れず、人に優しく心にひびく歌を歌い続けてほしいです。ママは幸福者です。生きていてよかったです」と書いた手紙を、涙を流しながら朗読する母親の姿に目頭を熱くしていた。

20150511i市川由紀乃キャンペーン画像3

 最後にその涙を必死にこらえながら新曲歌唱を母親にプレゼントした市川は「2015年の『母の日』が、皆さまのお陰で私にとって忘れることができない特別な日になりました。こんなに涙を流している母親の姿というのをほとんど見たことがないので、娘として何か責任というか、これからもっと頑張って一人前の歌い手になって、早く母親を幸せにしてあげたいと強く思いました。

いまはもう母と子一人=兄・浩司さん(享年39)は7年前に病死=になってしまいましたが、母が産んでくれた自分のこの大事な命を今年2015年は、皆さまのお力をいただいて市川由紀乃という名の命の花を咲かせたい、また皆さまに咲かせていただきたい」と話していた。

また、「今年の目標は、今日変わりまして、大みそかに仕事(NHK紅白歌合戦)がしたいです。今日、母親の涙を見てそう思いました。まだまだ先のことだと思って言葉にはしませんでしたが、言葉にしないと叶わない気がして…。30代最後に晴れ舞台に立ち、40代にいいスタートが切れたら幸せですね」と新たな決意を語った。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる