*

市川由紀乃 アコースティックライブ!小学生以来のミニスカで熱唱

2015年4月18日、昨年9月3日発売の「海峡岬」(オリコン演歌・歌謡曲チャート初登場1位)がロングヒット中の演歌歌手・市川由紀乃さんが、今月22日に発売する新曲「命咲かせて」(詞・石原信一、曲・幸耕平、発売・キングレコード)の発表を兼ねて、東京・代々木の山野ホールでアコースティックライブを開きました。

201504200003

「東京での単独公演は、デビュー7周年のとき以来でして、約15年ぶりになります。節目の年のリサイタルやコンサートとはちょっと違って、今回はアコースティックライブということで、ゲストにいちむじんさんにお越しいただき、また違った市川由紀乃の世界を今日のライブで皆さんにお届けできたらと思います。来週の4月22日には、新曲『命咲かせて』を発売させていただきます。私自身、この歌で命という名の花を咲かせられるよう努めてまいります」

830席の会場は、熱烈なファンで満席=チケットは完売=の中、「海峡岬」をはじめ、「娘道成寺」「濃姫」「細川ガラシャ」「お市の方」などを着物姿でじっくりと披露。
中盤では、ゲストのギターデュオ「いちむじん」が「ひだまり」「情熱大陸」の2曲を演奏した後、市川は着物からがらりとイメージを変えた真っ赤なロングドレスに着替えて登場。
201504200001
ポップスナンバーから「for you…」「ROSE」、チョー・ヨンピルの「窓の外の女」、続けてセクシーなミニスカ姿になって軽快なダンスを交えながら「六本木心中」を披露して客席を驚かせ、ファイナルの新曲「命咲かせて」まで全15曲を熱唱し、最後まで満員の客席をステージに釘付けにしました。
201504200002
市川さんは

「今日のライブで歌ったカバー曲はほとんど初めて歌う曲ばかりでしたのでとても新鮮でしたし、踊ったりして歌うといういい経験ができました。『ROSE』や『六本木心中』、そして『窓の外の女』の後半でハングル語で歌ったりと、そういうチャレンジがいままではあまりなかったので、今年は挑戦の年だなと思っています。ふだんは演歌がほとんどなので、今日は、音楽ってジャンルを問わず素晴らしいものだなと、改めて思いました。また機会があれば、演歌ではないカバー曲も歌ってみたいですね」

と新たなチャレンジに意欲を燃やし、大胆なミニスカを披露したことについては

「(膝上約15㌢の)ミニスカで足を出して歌ったのも、年齢もそこそこきているので、いまのうちに出したほうがいいという皆さんのご意見を尊重して、おもいっきり楽しんで歌わせていただきました。子どものときもスカートをはくときは、膝丈くらいでしたので、ミニスカは小学生以来です。きのうまでは恥ずかしかったですけれど、今日は恥ずかしさはありませんでした」

とニッコリ。
新曲については

「命をかけて愛を成就する一途な女心の歌でして、タイトルの『命咲かせて』にいまの自分を重ねて、今年は(ヒットの花を)咲かせたいなと思っています。年末の紅白? それは、いまのわたしにとっての夢です」

と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる