*

市川由紀乃 新曲「流氷波止場」店頭キャンペーンスタート!

市川由紀乃の新曲「流氷波止場」

市川由紀乃 新曲「流氷波止場」店頭キャンペーン
デビュー21年目を迎えた市川由紀乃さんが、新曲「流氷波止場」の発売日である10月23日、東京・町田市の鈴木楽器店で店頭キャンペーンを行いました!

14週連続トップ10入りを記録した「桟橋時雨」など全5曲を熱唱

市川由紀乃 新曲「流氷波止場」店頭キャンペーン
店内にはあふれるほどのファンが詰めかけ、「由紀乃ちゃ~ん!」という熱い声援が飛び交います。
「大きな台風が近づいているさなか、たくさんのお客さまに足を運んでいただきましてありがとうございます。今日ここから新曲『流氷波止場』のキャンペーンをスタートさせていただくことになりました」とあいさつ。
新曲をはじめ、カップリング曲「命炎(いのちび)」、オリコン演歌・歌謡曲チャート14週連続トップ10入りを記録した「桟橋時雨」など全5曲を熱唱しました。

市川さんの語る、新曲「流氷波止場」

「今回の作品は、作詞の喜多條忠先生、作曲の幸耕平先生、編曲の竜崎孝路先生、すべて初めてお世話になる先生ばかりです。デビュー20周年を迎えて第一歩の作品になるので、初心の気持ちでこの作品に挑んでおります」(市川さん)

レコーディング時のエピソードも披露

 レコーディング時、喜多條氏には
「きれいに歌おうと思わなくていい。この女の人は明日死んでしまうかもしれない。夜の波止場を、着物も何もかも乱して、裸足で足がどろどろになりながらも私はまだあなたのことが好きなのよ、そういう女性の心情の歌なんだから」
と言われたそう。
そこで気持ちを入れ替え、「そうだ、私自身が主人公になろう」と思い、スタジオでは靴下を脱ぎ、髪の毛をぐしゃぐしゃにして歌ったそうです。想像すると鬼気迫る感じです…!

詳しいレポートの続きは、携帯で演歌で!

市川由紀乃 新曲「流氷波止場」店頭キャンペーン
これから全国をキャンペーンでまわる市川さん。皆さんのお近くに来る機会があったら、ぜひ生の歌を聴きに足を運んでください!この記事の詳しいレポートは携帯で演歌の【イベントレポート】よりお楽しみください!

(関連リンク)
市川由紀乃オフィシャルブログ「由紀乃結晶」
キングレコード 市川由紀乃
スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる