*

秋元順子が68歳のバースデーコンサート

公開日: : ニュース

女性ボーカリスト・秋元順子が6月21日、東京・江東区のティアラこうとうで、6回目となるバースデーコンサートを開いた。

秋元順子バースデーコンサート画像
江東区深川出身の彼女にとって同会場は「成人式をさせていただいた場所」。そんな思い出深い会場で黒いドレスを身にまとってステージに登場し、「デビュー11年目を迎え、初心に戻り、聴いてくださる方の心に届く歌を歌っていきたい」とコメント。

 第1部では、ジャズ・カンツォーネ・ファド・ラテン・都々逸・日本の歌謡曲など、様々なジャンルの楽曲を披露し、会場に集まった約1,200人のファンを秋元順子の世界に引き込んだ。

第2部では、2005年7月21日発売のデビュー曲「マディソン郡の恋」をはじめ、大ヒット曲「愛のままで…」、6月17日に発売になったばかりの新曲「ROSE」(発売・キングレコード)を披露。

「ROSE」は、愛を讃えた壮大なスケールの楽曲で、秋元が最も得意とするシャンソンバラードだ。

 1部と2部合わせて、全19曲を熱唱した。

この日、68歳の誕生日を迎え「年を重ねるごとに宝物が増えていく思い。来年はまた次の宝物がやってくるんですね」と晴れやかに話した。

 11年目を迎え、また新しい一歩を踏み出す。

(キングレコード)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大月みやこ(その2)
■大月みやこがペンギンたちの前で新曲「流氷の宿」発売イベント。自らプロデュースした「流氷ビール」も披露

今年でデビュー53年目を迎え、「平成29年春の叙勲」で「旭日小授章」も

ごぼう先生(その4)
■ごぼう先生が敬老の日イベント。毒蝮三太夫がPR隊長として応援に駆けつけ、シニアと一緒にイス体操

介護予防を笑顔で伝える「大人のための体操のお兄さん」としてシニア世代の

中村美律子(その1)
■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレ

秋元順子(その3)
■秋元順子が「秋の全国交通安全運動北区民のつどい」で交通安全をPR。ミニライブで全6曲披露

13枚目のニュー・シングル「夢のつづきを…」(詞曲・花岡優平)が好セー

市川由紀乃(その3)
■市川由紀乃が東京・浅草公会堂でコンサート。島倉千代子、五木ひろしのカバー曲やポップス曲にも挑戦

デビュー25年目を迎え、最新シングル「はぐれ花」(発売・キングレコード

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる