*

秋元順子が68歳のバースデーコンサート

公開日: : ニュース

女性ボーカリスト・秋元順子が6月21日、東京・江東区のティアラこうとうで、6回目となるバースデーコンサートを開いた。

秋元順子バースデーコンサート画像
江東区深川出身の彼女にとって同会場は「成人式をさせていただいた場所」。そんな思い出深い会場で黒いドレスを身にまとってステージに登場し、「デビュー11年目を迎え、初心に戻り、聴いてくださる方の心に届く歌を歌っていきたい」とコメント。

 第1部では、ジャズ・カンツォーネ・ファド・ラテン・都々逸・日本の歌謡曲など、様々なジャンルの楽曲を披露し、会場に集まった約1,200人のファンを秋元順子の世界に引き込んだ。

第2部では、2005年7月21日発売のデビュー曲「マディソン郡の恋」をはじめ、大ヒット曲「愛のままで…」、6月17日に発売になったばかりの新曲「ROSE」(発売・キングレコード)を披露。

「ROSE」は、愛を讃えた壮大なスケールの楽曲で、秋元が最も得意とするシャンソンバラードだ。

 1部と2部合わせて、全19曲を熱唱した。

この日、68歳の誕生日を迎え「年を重ねるごとに宝物が増えていく思い。来年はまた次の宝物がやってくるんですね」と晴れやかに話した。

 11年目を迎え、また新しい一歩を踏み出す。

(キングレコード)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
走-裕介(その4)
マススペシャルディナーショーでオリコン1位の新曲「春待ち草」も熱唱。同じ北海道出身のサクソフォーン奏者・西尾貴浩とコラボも披露

今年でデビュー10周年を迎え、同記念ツアー(全国13カ所13公演)を大

西方&和田(その3)
■西方裕之と和田青児が、あの「伝説のライブ」を平成最後の年に5年ぶりに再演。爆笑トークを交えながら熱唱

「第32回 藤田まさと記念 新作歌謡コンクール」(日本音楽著作家連合主

iwasa_sancha_A
岩佐美咲 新曲は三軒茶屋が舞台の歌謡曲!?

岩佐美咲の8枚目となるシングル「恋の終わり三軒茶屋」が2019年2月1

真木柚布子(その3)
■真木柚布子が30周年記念ディナーショー「三十年の歌語」開催。30年の集大成ステージでファン300人魅了

1989年に「いのちの花」でデビューして今年で30周年を迎え、11月2

中村雅俊(その1)
■中村雅俊が全国ツアーの東京公演を中野サンプラザホールで開催。新曲「だろう!!」も披露

今年4月から9月まで放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」でヒ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる