*

岡ゆう子が新曲「ひえつき望郷歌」購入者応募特典ミニコンサート&レッスン会

新曲「ひえつき望郷歌」(発売・キングレコード)がロングヒット中の演歌歌手・岡ゆう子(53)が30日、東京・文京区のキングレコード関口台スタジオで、「ひえつき望郷歌」購入者応募特典ミニコンサート&レッスン会を開いた。

岡ゆう子ミニコンサート画像1
 これは、同曲を購入した人を対象にした作曲家・岡千秋さんを招いての無料カラオケレッスン会&ミニコンサートで、全国から約700人の応募があり、その中から抽選で75人を招待。

 「いつもの夏よりも暑さが厳しい中、皆さま、お出かけいただいてありがとうございます。今日は、たくさんのご応募をいただいた中から選ばれた75名の皆さまと過ごさせていただくのを楽しみにしています。このスタジオは、私もここで皆さまに喜んでいただけるような歌を一生懸命歌って、レコーディングしているわけですけれども、本当にすてきなスタジオです」

 最初にミニコンサートを開き、新曲「ひえつき望郷歌」をはじめ、同カップリング曲「玄海おんな船」、代表曲「長良川」、前々作シングル「よりそい傘」、前作シングル「あなたに雨やどり」など全6曲を熱唱。

岡ゆう子ミニコンサート画像2

その後、新曲を作曲した岡千秋さんが登場し、エレキピアノの前で「今日は、ゆう子さんのキーでレッスンしたいと思います」と言って1フレーズごとに歌い方を丁寧に指導しながら「ブレスが浅くなると言葉が前に出なくなるので、しっかりブレスを深くとることに重視して覚えられたらいいと思います」とアドバイスし、1コーラスをお手本として自ら歌唱披露した。

 また、参加者の中からじゃんけんで選ばれた3人がそれぞれ歌唱。岡千秋さんからそれぞれにアドバイスを受け、さらにその歌はレコーディングされ、CDにしてプレゼントされた。

岡ゆう子ミニコンサート画像3

岡は「レコーディングのとき、私も岡千秋先生から歌い方とか気持ちの入れ方、言葉の捕まえ方などをアドバイスしていただきました。この『ひえつき望郷歌』は、聴いていただく皆さまが、聴くたびに泣けてくるとおっしゃいます。

 ふるさと、そしてお父さん、お母さんとの思い出を思い出しながら歌ったり、聴いたりしていただければ胸に迫ってくるのではないかと思います。月日を重ねるごとにご好評いただいていますので、皆さんに支えられてこの歌が大きなヒットになりますようこれからも応援のほどよろしくお願いいたします」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる