*

市川由紀乃が出身地、埼玉・浦和の氷川神社でヒット報告&大ヒット祈願。新曲「命咲かせて」が6万枚突破!

新曲「命咲かせて」=キングレコードから4月22日発売=が、オリコン演歌週間ランキング18週連続ベスト10ランクイン(1位は4回獲得)を果たし、現在、6万枚突破とロングセラー中の演歌歌手・市川由紀乃(39)が27日、埼玉・さいたま市浦和区の「本太(もとぶと)氷川神社」でヒット報告&大ヒット祈願を行った。

市川由紀乃ヒット祈願画像1

浦和は、彼女が生まれ育った思い出の地で、中学1年の1学期まで過ごした。

 同神社の隣にある「さいたま市立本太小学校」に6年間通い、氷川神社にはその学校に行く前や帰りによく訪れていたそうで、「この神社には、いつもお参りに来ていました。当時、私が住んでいた家は、ここから歩いて(子どもの足で)30分ぐらいのところにありました。浦和はいまもそうですが、本当にいい町だと思います。

 氷川神社に来たのは、小学校を卒業して以来ですが、久しぶりに来てみて、あのころと全然変わっていなかったのがうれしかったですね。小学校時代は、いい友だちにめぐり会えたので、そのころへの感謝の気持ちと、これから健康でいいお仕事ができますように願いながら手を合わせました。そして、6万枚を突破できたご報告と大ヒットを祈願させていただきました」。

市川由紀乃ヒット祈願画像2

 小学校時代の思い出について「小学校5年のときの体育祭で、体操着を着て『ソーラン節』を歌い、私の歌に合わせてみんなが踊ってくれたことが、いまも鮮明な思い出として残っています」と懐かしそうな笑顔を見せながら「小学校3、4年生のころは、浦和のお祭りに行ってはよく人前で歌を歌っていました。

 みんなが応援してくれる環境に育ちまして、学校の先生や友だち、そのご家族などが応援してくださったお陰で、いまもこうして歌手として大好きな歌を歌っていられるのだと思います」と、地元の人たちへの感謝の気持ちを語った。

市川由紀乃ヒット祈願画像3

 最新シングル「命咲かせて」が絶好調で、カラオケでもあちこちで歌われており、10万枚という大台も見えてきたようだが、「目の前にある一つ一つの仕事を精いっぱいこなして、その積み重ねがきっと大きな実を結んでくれると思っていますので、先のこととかはいまは考えずに、頑張った先にはきっと何かが待っているという気持ちで、すべてにおいて取り組んでいます」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる