*

冠二郎が25回目のバーベキューパーティー。藤あや子作曲の新曲「夢に賭けろ」を披露。紅白への返り咲きを

デビュー48年目を迎えた演歌歌手・冠二郎(71)が、今月12日に日本コロムビアからニュー・シングル「夢に賭けろ」(詞・三浦康照、曲・小野彩)を発売したのを記念して28日、東京・千代田区のホテルニューオータニ東京・もみじ亭で「第25回バーベキューパーティー」を開いた。

冠二郎BBQパーティー画像1

 毎年8月の最終週金曜日に同所で開催される恒例のバーベキューパーティーで、平成3年の「NHK紅白歌合戦」初出場=紅白は3回出場=の年からスタートして、今年で連続25回目。

 前作「酒ものがたり」(今年2月25日発売)に続いて今回の新曲も演歌歌手・藤あや子(ペンネーム・小野彩)が作曲。働く男のロマンを求める姿を描いた王道をいく演歌作品だ。

 この日は、25回目という節目の年を迎えたバーベキューパーティーで、新曲発表会と併せて行われたもので、約100人の業界関係者が詰めかける中、参加者全員が同ホテル自慢のバーベキュー料理を存分に味わいながら和気あいあいの宴が繰り広げられた。

 その中で新曲「夢に賭けろ」と前作シングル「酒ものがたり」の2曲を披露し、「毎年、春と秋にシングル、合わせて2枚発売していますが、継続は力なりということで、今日まで現役の歌手として歌い続けてこられたのがうれしいですね。毎年、新曲を出させていただくことに喜びを感じていますし、それが若くいられる秘訣だと思います。

 今回も藤あや子さんに作曲していただきまして、今回が9作目になります。藤あや子さんは、私の声が好きなんだそうで、僕の師匠に曲を書かせてほしいと頼んだのがきっかけで、平成19年から始まって、今日までに9作書いていただいています」。

冠二郎BBQパーティー画像2

「藤からのアドバイスは?」という質問には「曲によっては相当厳しくアドバイスされます。今年は『酒ものがたり』と『夢に賭けろ』の2曲書いていただきましたが、冠二郎という昭和の男を背負ってきた自分の歌唱の範囲の中にある曲ですので、特別、歌唱指導は受けていません。

 ただこの歌の詞をしっかり噛みしめて歌ってほしいとか、自分の描いた理想の男の味や表情について、明るく楽しく指導を受けました。ですからこの歌には、藤あや子さんの理想の世界の男が存在しています」と答え、「この歌は、自分に向けての励まし、応援歌でもあるんです」。

冠二郎BBQパーティー画像3

タイトルにある「夢」については、「もう48年も歌っていますし、夢はほとんどありません」と言いながらも「この歌をヒットさせて、紅白に返り咲きしたい。50周年に向けてこの歌でいい弾みをつけることができたらいいですね」とヒットへの意欲を燃やしていた。

今年2月に女性週刊誌に年齢詐称の記事がスクープされ、大きな話題を集めたが、「自分としては相当悩みましたが、お陰さまで、皆さんが好意的に受け取ってくださっているので、いまは本当のことを言ってよかったなと思います。恥ずかしながら71歳になりました。でも、今年はまだ70歳として歌っていきたいですね。若く言っていることが、若くいられる秘訣でもありますから…」と笑顔を見せた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる