*

田中照久、イタリアン・レストランでカジュアルなライブを開催

昨年のクリスマス・イブに日本クラウンから配信限定シングル「さくらほろほろ」でデビューした田中照久が8月1日の夜、東京・代々木のイタリアン・レストラン「ルッコラ」でライブを行った。

田中照久イベント画像1
 田中は、2013年にフィンランドで開かれた『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIP』に日本代表として出場し、みごと20の国と地域から集まったハイ・レベルなアマチュア・シンガーの頂点に立った実績の持ち主。

 決勝で歌ったのが、さだまさしの「たいせつなひと」だったことから、帰国後はさだがパーソナリティーを務めるテレビ番組やさだのコンサートに出演するなどして注目を集め、さだのアルバム『第二楽章』に収められていた「さくらほろほろ」でデビューを果たしている。

田中照久
さくらほろほろ – Single
歌謡曲
¥250
provided courtesy of iTunes

 ルッコラでは、満席となる約50名のファンを前に、最大の武器である柔らかく澄んだ高音を活かして「たいせつなひと」からライブをスタート。普段は早大の職員として勤めていることから、これがデビュー後初の本格的なライブとあって、やや緊張気味ながらも、誠実な人柄と歌を愛する気持ちが真っ直ぐに伝わる歌で魅了した。

田中照久イベント画像2
まだMCにも慣れていない田中は、曲間も言葉数少なめだったが、ファンはその歌声だけでハートを掴まれた様子。ピアノ伴奏による歌に静かに耳を傾け、藤澤ノリマサのカバー「希望の歌~交響曲第九番~」では手拍子で田中を盛り立てた。曲数はアンコールを含め7曲と少なかったが、歌い終えた田中はホッとした表情で感謝の言葉を述べ、少年のような笑顔を見せた。

「『ひまわりの約束』では緊張のせいで間違えてしまったので、その後でアンコールで、きちんと歌い直すチャンスをいただけてよかったです。集まって下さった皆さんと、場所を提供して下さったお店のオーナーのお蔭で楽しいライブを開くことができて、とても感謝しています。まだプロ歌手としての実感はあまりないんですが、僕の歌を楽しんでいただける機会があれば積極的に歌っていきたいです」と意欲を語る田中。

 今後もライブなどでの経験を重ねて個性を磨き、自らがこの日うたった桜や向日葵のように、プロ歌手の世界でも花と咲いてほしいものだ。

田中照久イベント画像3
 なお、当日の曲目は次の通り。1.たいせつなひと、2.さくらほろほろ、3.You Raise Me Up、4.希望の歌~交響曲第九番~、5.366日、6.ひまわりの約束、アンコール.さくら(独唱)。また、田中は所属の一般社団法人日本歌手協会が東京・ゆうぽうとで開催する『2015歌謡フェスティバル』に出演、9月10日昼の部のステージで「さくらほろほろ」を歌う予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる