*

「歌謡ポップスチャンネル」が長良グループ演歌まつり2016開催記念特番を放送。山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよしが出演

長良グループ記者会見画像1

IMAGICA TVが運営するCS放送「歌謡ポップスチャンネル」が、2カ月連続の特別編成によるオリジナル制作番組「長良グループ 演歌まつり2016開催記念特番 山川・田川・水森・氷川 人気歌手勢ぞろい! 演歌の玉手箱スペシャル」等を放送することになり3日、東京・品川区のIMAGICA品川プロダクションセンターMIRAスタジオで、同番組に出演する山川豊(56)、田川寿美(39)、水森かおり(41)、氷川きよし(37)の人気演歌歌手4人が記者会見を行った。

 これは、長良グループに所属する山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよし、岩佐美咲(AKB48)、はやぶさの6アーティストが出演する番組を8月8日から同29日までの毎週土曜日午後2時から3時まで、続いて9月19日から同23日までのシルバーウィーク5日間の午後1時から2時までの2カ月間にわたって放送するもの。

 その目玉が同記念特番で、4人がこれまでの歌手人生を振り返りながら思い出の曲などを披露。また、「長良グループ 演歌まつり」のこれまでの名場面をプレイバックしつつ「長良グループ 演歌まつり2016」に向けた緊急企画会議を開催するという歌とトークが満載の60分番組を8、9月で全2回にわたって放送。

長良グループ記者会見画像2

山川は「自然体でしゃべっていますので、楽屋で4人が話をしているような感じがテレビで見られるのが見どころではないでしょうか」。

田川は「それぞれみんなの素の部分がそのままで会話ができているところが、見てくださる方にも楽しんでいただけると思います」。

水森は「2年前の『演歌まつり』で演奏したトランペットを久しぶりに吹きまして、結構いい音が出ましたので、その音にも期待していてください」。

氷川は「自然体で話をしているところがいいですね。見どころ満載の番組になっていますので、ぜひ皆さんにご自宅でご覧になっていただきたいですね」。

また、来年の「長良グループ 演歌まつり2016」に向けて、山川は「いままでシャッフルやバンドなどをやってきましたが、特に昭和の名曲を歌ってほしいという声をたくさんいただいていますので、昭和の名曲はぜひやりたいですね。衣装にもこだわってみたい」

水森は「演出家の先生や台本はなくて、みんなで意見を出し合って作り上げていくのがこの『演歌まつり』の素晴らしいところですからね」と話していた。

ほかにも昨年放送した「宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星~演歌・歌謡曲情報バラエティ~夏の演歌まつりスペシャル(前編・後編・総集編)」、過去のコンサート映像、最新のコンサート映像など盛りだくさんのラインナップで視聴者が楽しめる内容が満載だ。          

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる