*

■23歳の世界的ウクレレプレイヤー、名渡山遼が銀座山野楽器でライブ。ナ・ホク最優秀賞を受賞して大注目

公開日: : ニュース

〝ハワイのグラミー賞〟と言われている「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」の「ベスト・インターナショナル・アルバム賞」を受賞した世界的ウクレレプレイヤー・名渡山遼(なとやま・りょう、23)が、キングレコードから7月27日にメジャーデビュー・アルバム「Made in Japan, To the World.」を発売するのを記念して11日、東京・銀座の山野楽器本店Jam Spotでライブイベントを開いた。

名渡山遼(その1)

昨年発売した第4弾アルバム「UKULELE SPLASH!」とクリスマスアルバム「UKULELE Merry Christmas!」の2作品が、「『ナ・ホク・ハノハノ・アワード2016』最優秀インターナショナル・アルバム部門」にダブルノミネートされ、今年5月28日にホノルルのハワイ・コンベンション・センターで開催された授賞式で「UKULELE SPLASH!」が最優秀賞を受賞。ウクレレ界の新世代トッププレイヤーとしていま世界中から大きな注目を集めている。

 この日は、アワード凱旋帰国後初となるライブで、立ち見を含めて約120人にのファンで満席の中、「今日のライブは、ウクレレの新たな可能性やウクレレの楽しさを皆さんと共有できる場にしたい」と張り切りながらメジャー・デビューアルバムから「Angel」「Life Is Beautiful」、それに「Way To Go!!」など全10曲を演奏した。

名渡山遼(その2)

 ウクレレは、小学六年生のとき、家族で行ったハワイ旅行で父親が土産としてウクレレを購入。それを初めて手にしたときからその音色にすっかり魅せられ、独学でマスターし、同賞を受賞するまでになった。

 ウクレレは「音色がきれいで、その音を聴いているだけで心が温かくなる」のが一番の魅力だそうで、「小さい楽器なので、どこにでも持ち運べるし、ポテンシャルも高く、どんな曲も演奏できる。この素晴らしい楽器を世界中にもっともっと広めていきたい」と意欲を燃やしていた。
 また、自分で演奏するウクレレはすべて自作で、中学1年生のときから製作を開始。これまでに10本を手がけた。今回のライブで演奏したのは9作目で、「超絶やポップな演奏をするのに適した楽器」として手放せない愛器となっている。

名渡山遼(その3)

メジャーデビュー・アルバムは、ゲストにDEPAPEPEの三浦拓也、サーフ系ユニット、BLUE VINTAGEのギター・Taiga、バイオリニストの竜馬など豪華メンバーが参加。美メロをウクレレでポップスに昇華させたナンバーをはじめ、サーフミュージック、ハワイアン、ロック、クラシックなど様々なスタイルをウクレレで表現した全15曲を収録。

松田聖子の「赤いスイートピー」など3曲のカバー曲以外はすべて自作曲&編曲で、「メロディーを重視して作ったアルバムでして、その中にウクレレの超絶とか、コラボレーションの曲が入っていたりとか、いろいろチャレンジしましたので、一人でも多くの方に聴いていただきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる