*

■北川裕二が新曲「泣いて大阪」発表ライブツアーの初日を東京で。師匠・弦哲也さんも応援に

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 ニュース

キングレコードから4月6日にニュー・シングル「泣いて大阪」(詞・下地亜記子、曲・弦哲也)を発売した演歌歌手・北川裕二(62)が19日、東京・江東区のティアラこうとう小ホールで新曲発表ライブを開いた。

北川裕二(その1)

この日を皮切りに5月26日の地元、福島・郡山市まで、全国7カ所で新曲発表ライブツアーを開催。その初日、約140人の熱烈なファンが詰めかけ満席の中、オープニングで新曲「泣いて大阪」を歌ってから「デビュー以来、皆さまのお陰でここまで育てていただきまして感謝の念に堪えません。今日のスーツはワインカラー、エンジでして、『泣いて大阪』を演じ(エンジ)きろうかなと思っています(笑)。今回は、待望の大阪の歌をいただきました。この曲は息の長い歌にしていきたいと思っています。最後まで心を込めて歌わせていただきます」とあいさつ。
 前半は女歌、後半は男歌を中心に歌う構成のステージで、「雨の停車場」「潮来雨情」「溺愛」「男のまごころ」「鮪」など全12曲を熱唱。

北川裕二(その2)

師匠の作曲家・弦哲也さんとキングレコードの担当プロデューサー・中田信也さんも応援に駆けつけ、弦さんは「デビューから数えて17曲目の新曲ですが、そのたびに(ファンの)皆さんに温かいお声をかけていただき、裕二は幸せ者です。中田プロデューサーと今度の新曲の打ち合わせで、焼き肉、お好み焼きを食べ、最後に鯛焼きを食べながら『そうだ、「焼いて大阪」―「泣いて大阪」がいい』(笑)ということになりました。今回の歌は、いままでの裕二の作品の中で一番肩の力を抜いて、鼻歌で歌えるような曲です。大衆演歌の原点は関西、大阪とよく言われますが、まずは大阪から全国に向けて頑張ってほしいなと思います」と激励。

北川裕二(その3)

 中田プロデューサーは「僕は北川裕二を3年前から担当させてもらっていますが、いままで裸電球40㍗だった北川裕二が、LEDの煌々と輝いている北川裕二に変わってきたなと思います。北川裕二はいま、何故か西のほう、関西がものすごく熱くなっていますので、大阪の歌を作ってこそ関西の皆さんにお返しができるのではないかなと思って今度の新曲を作らせていただきました」と、制作意図を語った。

 北川は「6月の半ばから半月ほど大阪に行き、新曲キャンペーンをやらせていただきます。まずは大阪から火をつけ、全国に向けて大ヒットさせたい」と意欲を燃やしていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大月みやこ(その2)
■大月みやこがペンギンたちの前で新曲「流氷の宿」発売イベント。自らプロデュースした「流氷ビール」も披露

今年でデビュー53年目を迎え、「平成29年春の叙勲」で「旭日小授章」も

ごぼう先生(その4)
■ごぼう先生が敬老の日イベント。毒蝮三太夫がPR隊長として応援に駆けつけ、シニアと一緒にイス体操

介護予防を笑顔で伝える「大人のための体操のお兄さん」としてシニア世代の

中村美律子(その1)
■中村美律子が新曲「京都二寧坂」発売記念イベント。京都の芸妓&舞妓とお座敷遊び

今年でデビュー31年目を迎えた演歌歌手・中村美律子(67)が、キングレ

秋元順子(その3)
■秋元順子が「秋の全国交通安全運動北区民のつどい」で交通安全をPR。ミニライブで全6曲披露

13枚目のニュー・シングル「夢のつづきを…」(詞曲・花岡優平)が好セー

市川由紀乃(その3)
■市川由紀乃が東京・浅草公会堂でコンサート。島倉千代子、五木ひろしのカバー曲やポップス曲にも挑戦

デビュー25年目を迎え、最新シングル「はぐれ花」(発売・キングレコード

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる