*

北川裕二 新曲「恋雨みれん」発表ライブ開催 弦哲也氏ほか作家陣が激励に!

1月22日に新曲「恋雨みれん」を発売した北川裕二さん。

1月23日、東京・新宿区の四谷区民ホールで新曲発表ライブを開きました。

北川裕二 新曲「恋雨みれん」発表ライブ01

ライブでは、新曲「恋雨みれん」をはじめ、カップリング曲「泣いて長崎」、昨年3月に発売したデビュー30周年記念曲「女のみれん」など全11曲を熱唱しました。

途中、応援に駆けつけたのは、同じキングレコードの藤原浩さん、岩出和也さん。そう、北川さん、藤原さん、岩出さんの3人で結成した演歌ユニット「ザ・キングボーイズ」が勢揃いです!
3人で、昨年7月に発売したザ・キングボーイズのデビュー曲「渚のムーンライト」を歌いました。

さらに、同じくキングレコードの真木柚布子さんも駆けつけ、2人で昨年12月に発売したデュエット曲「素敵な関係」を息もぴったりに披露。

そして、新曲「恋雨みれん」を作詞した下地亜記子氏、カップリング曲「泣いて長崎」を作詞した仁井谷俊也氏、両曲を作曲した弦哲也氏、両曲をアレンジした南郷達也氏、それにキングレコードの担当ディレクター・中田信也氏の5人もステージ上へ。北川さんは、弦哲也氏の2番目の弟子にあたります。

北川裕二 新曲「恋雨みれん」発表ライブ02

「皆さんに背中を押してもらって、手を引いてもらって歩いてきた31年です。昨年の『女のみれん』から少し路線変更しました。それまでは、北川裕二のどこかカッコよさを頭の隅に入れながら歌作りをしてきましたが、昨年から大衆歌謡を意識しながら歌作りをしてきて、今度の新曲もそういう歌作りをしてきました。皆さんにカラオケで楽しく歌っていただくのが一番うれしいことです」(弦哲也氏)

「前作の『女のみれん』が皆さんにご支援いただいて好調だったものですから、今回の新曲もその流れを組んで『コテコテの悲しい女を書いてや』と、大阪弁のディレクターに言われましたので、裕二さんの飛躍曲になればいいなという思いで一生懸命書かせていただきました」(下地亜記子氏)

「クールファイブを彷彿させるようなカッコいいメロディーを弦先生に作っていただきましたが、アレンジも素晴らしいですね。今回、北川裕二さんの作品を初めて書かせていただきましたが、北川さんが非常にうまく雰囲気を出して歌ってくださっています」(仁井谷氏)

「前作『女のみれん』と今作もアレンジを担当させていただきましたが、前作同様、大阪らしさ、浪花らしさを出してアレンジさせていただき、サビのところは、掛け声が出しやすいようなリズムを作ってあります」(南郷達也氏)

北川裕二 新曲「恋雨みれん」発表ライブ03

そんな先生たちの激励を受け、大感激の北川さん。

「毎回、新曲が出るたびに皆さまに足を運んでいただき心苦しいのですが、うれしいです。歌で励まされてきた31年ですが、歌を通じて皆さまと出会えた、それが僕にとっての財産だと思っています」

「今度の新曲はとても覚えやすいので、たくさんの方にカラオケで歌っていただきたいですね。特にサビの部分では、『♪わかれ雨(裕二!)なみだ雨(裕二!)みれん雨(裕二!)』と掛け声をかけていただければうれしいです」

と、ヒットへ向けて闘志を燃やしていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる