*

北川裕二 新曲「なみだ百年」発表ライブ!恩師・弦哲也氏からも激励

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , , , ,

2015年1月26日、3人組演歌ユニット、ザ・キングボーイズとしても活躍中の演歌歌手・北川裕二さんが、15枚目のニュー・シングル「なみだ百年」を発売したのを記念して、東京・王子の北とぴあ・つつじホールで新曲発表ライブを開きました。

201501260001
約400席の会場は、デビュー当時からの熱烈なファンらで満席の中、

「今年で32年目になりますが、30周年を機に、中田信也さんという素晴らしいディレクターに『女のみれん』という大衆演歌の第1弾を作っていただきました。これが功を奏しまして、第2弾『恋雨みれん』も全国の皆さま方に歌っていただき、その流れで『なみだ百年』が発売になりました。こうして32年も歌ってこられたのは、皆さま方のお陰だと心から感謝しています。今日も一生懸命、最後までステージを務めさせていただきます」

とあいさつ。
新曲「なみだ百年」をはじめ、同カップリング曲「風花の宿」、〝みれんシリーズ〟から「恋雨みれん」「女のみれん」などを歌った後、今度の新曲「なみだ百年」を作曲した恩師・弦哲也さん=北川さんは弦さんの2番目の弟子=と編曲の南郷達也さん、カップリング曲「風花の宿」を作詞した、つつみりゅうじさん、キングレコードの担当ディレクター・中田信也さんの4人がステージに登壇。
201501260003
弦さんは

「新曲を出すたびにこうしてたくさんの皆さんに応援していただいて、北川裕二は幸せ者だなと思います。今回は、大衆演歌をより色濃くした路線をちょっと変更した3作目なんですが、この3作=第1弾「女のみれん」、第2弾「恋雨みれん」=で少しまわりの空気が変わってきたような気がいたします。この空気を実感できるようぜひ皆さんのお力をお貸しください」

とアピールし、南郷さんは

「今回も大衆演歌の路線でアレンジさせていただきました。これが3作目ですが、非常に楽しくてやりがいのある仕事でした」

その弦さんのギター、南郷さんのベースをバックにシャンソン風のアレンジで「潮来雨情」、タンゴ風のアレンジで「溺愛」、弦さんが作曲した故・美空ひばりさんのカバー曲「裏窓」など全15曲を熱唱し、弦さんも「折り鶴の宿」を1曲披露。
北川さんは

「『女のみれん』から路線を変えていただきまして、大衆演歌というカラオケファンの方々に歌っていただけるような作品をいただきました。階段を一つひとつ上がっているような気がしますし、今度の『なみだ百年』は〝みれんシリーズ〟の集大成で、オリコンの演歌・歌謡曲ランキングで2週続けて5位といういいスタートを切らせていただきました。キャンペーンをやっていてもお客さんの反応がいままでとはかなり違いますし、自分でもノリにノっていますので、今年はぜひとも紅白を目指して頑張ってみたい」

と張り切っていました。
201501260002

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
井上由美子(その3)
■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(

松平-健(その3)
■松平健が名古屋・御園座で1月9日発売の新曲「マツケン・アスレチカ」披露。中村美律子と舞台では初共演

1月4日から名古屋・御園座で上演中の「松平健・中村美律子 新春特別公演

水森かおり&辰巳ゆうと(その2)
■水森かおりが、辰巳ゆうとと銀座山野楽器初売りイベントで初うた披露。水森は1月22日発売の新曲「高遠 さくら路」初お披露目

昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に16年連続16回目の出場を果たし

由紀さおり(その2)
■由紀さおりが東京・明治座で50周年記念公演初日開幕。新作オリジナル喜劇&ショーを20日まで上演

大ヒット曲「夜明けのスキャット」でデビューして今年で50周年を迎え、1

森山愛子(その2)
■森山愛子が新曲「会津追分」ヒット御礼ご愛顧感謝コンサート&カラオケ王決定戦

デビュー15周年を迎え、最新シングル「会津追分」(発売・ユニーサルミュ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる