*

角川博が五木ひろし作曲の40周年記念曲「蒼い糸」発売。広島東洋カープ&オタフクソースと2大コラボ決定

「涙ぐらし」(昭和51年4月25日発売)でデビューして今年でデビュー40周年を迎える演歌歌手・角川博(61)が、2大コラボ発表&40周年の御礼を兼ねた広島お好み焼きを振る舞う新曲イベントを行った。

20150421kadokawa01
広島県広島市出身で、高校時代は高校野球の名門・広陵高校で野球部に所属。その後、スカウトされて歌手デビューした彼が、被爆70周年を迎えた故郷・広島をもっと元気にするために何か力になりたいと考えていたところ、黒田博樹投手(40)がヤンキースからFAとなり、8年ぶりに古巣に復帰し、1984年以来の日本一を目指して盛り上がっている「広島東洋カープ」と、全世界で愛用されているソース界のトップランナー「オタフクソース」(本社・広島県広島市)との2大コラボが決定。
これから企画される様々なイベントやグッズでコラボレーションすることになったもの

7月7日、プロ野球の広島東洋カープ対横浜DeNAベイスターズ戦で国歌斉唱を初披露することが決まった

20150421kadokawa02
そのコラボ第1弾「オタフクソース」は、角川の写真入りオリジナルラベルを貼ったオタフクソースと、世界に一つのネーム入りお好み焼きヘラを作成。コラボ第2弾「広島東洋カープ」は、コラボステッカーとコラボタオルを作成。それにコラボイベントとして、7月7日、プロ野球の広島東洋カープ対横浜DeNAベイスターズ戦で国歌斉唱を初披露することが決まった。
この日は、オタフクソース社長も認める同店で、黒田投手と同じ背番号15を付けた真っ赤なユニホームを着て自ら厨房に立ち、広島お好み焼きを焼いて記者たちに振る舞いながら「自宅でもよく自分でお好み焼きを焼いて食べているんですよ。ソースは、子どものころから大好きなオタフクソースを使っています。今年は、黒田投手も復帰したことですし、昔から大ファンの広島カープにぜひ優勝してもらいたいですね。もし優勝したら(ビールかけではなくて)オタフクソースの社長とソースかけをしたいですね(笑)」。

五木さんは『五木ひろしはこういう曲は歌わないので、角川に任したよ』と言ってくださった

20150421kadokawa03
40周年を迎えて、「あっという間に40年がたったんだなという感じですね。僕はいろんな人生を歩んできましたが、嫌なことは忘れて、いいことだけを思い出にして前に進んでいこうとするタイプの人間ですので、40年はあっという間でした」。
今度の新曲は、彼が尊敬する歌手・五木ひろしがプロデュース&作曲を手がけたが、「五木さんは、僕がデビューしたときから応援してくださっていて、キングレコード移籍第1弾『船宿』も五木さんが作曲してくださり、10万枚を超すヒットになりました。今度の新曲は、いままで僕が歌ってきた集大成ともいえる曲ですし、五木さんは『五木ひろしはこういう曲は歌わないので、角川に任したよ』と言ってくださったので、その思いも込めて歌っていきたいですし、この新曲を大ヒットさせて広島と一緒に大いに盛り上がりたい」と話していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる