*

塩乃華織 新曲「夜更けのワルツ」発表記念ライブ

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース

10月8日、関西を中心に人気上昇中の大阪出身の演歌歌手・塩乃華織さんが、メジャー第3弾シングル「夜更けのワルツ」を発売したのを記念して東京・日本橋のヒットスタジオ東京で新曲発表ライブを開きました。

201410090001

今度の新曲は、大阪を拠点に活躍中の彼女のために、もず唱平さんが作詞し、キダ・タローさんが作曲を手がけるという大阪作家陣が強力タッグを組んで出来上がったもの。
会場には、約100人の熱烈なファンやマスコミ関係者が詰めかける中、

「こうしてたくさんの皆さま方の前で新曲発表ライブをさせていただけることがどれだけ幸せなことかと実感しています。この幸せな気持ち、また皆さんに対する感謝の気持ちを今日はこのステージにぶつけて歌いたいなと思っておりますので、最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします」

と笑顔であいさつ。

新曲「夜更けのワルツ」をはじめ、2011年9月7日発売のメジャーデビュー曲「陽だまりの花」、昨年1月9日発売の同第2弾「ほっといてんか あんな阿呆」、クラウンメドレーから先輩女性歌手・水前寺清子の「いっぽんどっこの唄」、同・瀬川瑛子の「命くれない」、先輩男性歌手・鳥羽一郎の「兄弟船」、同・黒沢明とロス・プリモスの「ラブユー東京」、それにキダさんが作曲した北原謙二のヒット曲「ふるさとのはなしをしよう」、もずさんが作詞した成世昌平のヒット曲「はぐれコキリコ」など全13曲を熱唱した。また、新曲を作詞したもずさん、作曲のキダさん、同編曲の伊戸のりおさん、それにカップリング曲「つよがり芝居」を作詞した円香乃さんの作家陣4人が応援に駆けつけ、キダさん(83)は

「65年音楽をやっていますが、最近ここ2、3カ月で、オレの曲って、ちょっと引っかかるんだなと思うんですよ。この間、大阪桐蔭高校の応援歌を書いたら優勝したんや…。80歳を過ぎますと、ちょっと化けるんですよ(笑)。曲の中に何か魔力みたいなものがあって、優勝したんですよ。ということは、私の書いた曲を歌った人はヒットするんです」

と、ジョークを交えながら塩乃さんに熱いエールを送りました。

201410090003

終始、満員の客席から熱い声援を受けながら最後まで熱唱ライブを行った彼女は

「いつも私を支えてくださっているすてきな先生方はもちろんですけれども、こうして支えてくださっているファンの皆さんに応援に駆けつけていただけるのは本当に幸せなことです」と感謝しながら新曲について「ロマンチックですてきなワルツの曲です。遠くへ行ってしまって、連絡の来ない彼を一途に待ち続けている女性――。私もそんなふうに一途にこの歌を歌い続けていきたいなと思っています。また新たに私の大切な曲が増えました。この曲が皆さんにとっても大好きな曲になるように私自身も心を込めて頑張って歌っていきたい」

と大ヒットに意欲を燃やしていました。

201410090002

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる