*

レーモンド松屋 新曲発売を記念して茶話会!長山洋子と息もぴったりにデュエット

9月1日、シンガー・ソングライター、レーモンド松屋さんが、今月3日にユニバーサルミュージックから6枚目のニュー・シングル「ふたりのアイランド」(詞曲・レイモンド松屋)を発売するのを記念して、東京・港区のLiveレストラン青山で茶話会を開きました。

今度の新曲は、「レーモンド松屋 with Yoko」という名義で発売するデュエットソングで、そのお相手は演歌歌手の長山洋子さん。
エレキギターの弾き語りで「朝やけの二人」を歌った後、ドレス姿で登場した長山さんと新曲「ふたりのアイランド」を息もぴったりに熱唱。その新曲を出すことになったきっかけは

「私の地元が愛媛県の海の近くですので、海の歌をたくさん作っていまして、この曲は、結構前(30代前半)に作ったのですが、いまの時代は、こういう大人向きのサンバの海もののノリのいい歌がないので、こういう曲も面白いんじゃないかなと思いまた歌うことにしました」

201409020001

タイトルだけを見ると、1984年に発売され、大ヒットした「二人の愛ランド」(石川優子&CHAGE)を思い浮かべるかもしれないが、

「(その曲よりも以前の)バンドをやっているころに作った曲でして、改めてこのタイトルを何とかしようかという話もありましたが、歌詞の中に『ふたりの』と出てくるので、このタイトルがいいんじゃないかということで、そのまま出すことになりました」

同曲のイメージにぴったりな長山さんにラブコールを送った彼は

「歌詞の世界観も、時を積み重ねてきた2人を描いた大人の曲であり、いまのYokoさんだからこその女性的で柔らかく艶のある歌声が曲の世界を鮮明に、そして立体的にしてくださっている」

だと絶賛し、

「デビューするのがまさかで、今回もまさか続きでして、私にとっては大先輩のあこがれの人でしたので、本当にこれでいいのかなと、こちらが恐縮するくらいでした。(デュエットの相手を)快く引き受けていただいて感謝しております。番組ではよくご一緒させていただいて、きれいな人だなと思いつつ、あこがれておりましたので、大変うれしく思っております」

201409020003

テレビの音楽番組に続いて一緒に歌ったのは、この日が2度目という長山さんは

「演歌歌手になってから新曲としてポップスを歌うのは初めてでして、とても新鮮ですね。こういうリズムに乗りますと、アイドル時代がよみがえってくる感じがして、気持ちがいいです」

一緒に歌ったレーモンドさんは

「横から見ていると、日本人離れしたヨーロッパ系の顔に見えるので、夢心地で、夢の世界にいるようでした」

と、黒いサングラスの奥からニッコリ。長山さんは

「今回、この曲を覚えるのに、娘の幼稚園の送り迎えで、ずっと何十回も聴いていたら、うちの娘がレイモンドさんのファンになっちゃって…。あとは私の新曲『恋の津軽十三湖』にはまっています(笑)」

と秘話を明かし、レーモンドさんは

「ぜひ皆さんに歌っていただいて、この曲で元気になってほしいなと思います」

と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる