*

福田こうへい 民謡の実力日本一を決める民謡コンクール「日本民謡フェスティバル」ゲスト出演

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , , ,

2014年6月22日、東京・渋谷区で行われた民謡の実力日本一を決める民謡コンクール「第27回日本民謡フェスティバル2014」に福田こうへいさんがゲスト出演しました。

201406300002

同大会は、北は北海道から南は沖縄まで、全国の民謡大会でチャンピオンになった民謡の実力者ばかり全49人(1人欠場)が出場。
49人の出場者全員が歌い終わった後、ゲストである福田こうへいさんが、自身の出身地・岩手県の民謡で、2012年度グランプリ受賞時に歌った「南部牛追唄」を披露し、民謡日本一らしい堂々たる歌唱力で満員の客席を魅了しました。

通常のコンクールよりもさらにレベルが高く、審査も難航を極めた結果、今年度のグランドチャンピオンには、岩手件宮古市出身の小田代直子さんの頭上に輝きました。
同じ民謡の先生・漆原栄美子氏に師事し、福田こうへいさんの妹弟子でもある小田代さんは、

「自分の名前を呼ばれたときは、もうびっくりしました。これからも身を引き締めて、また一から民謡を勉強して歌っていきたいですね。いままで歌い継がれてきた民謡を大切に歌い継いでいきたいと思います」

と感激。
また、兄弟子である福田こうへいさんは、

「彼女のグランプリ受賞は、僕にとっても自分のことのようにうれしいですね。これからも精進して、歌に味を出して、そして昔から歌い継がれている型を絶対に崩さずに歌っていってほしいですね。今回はゲストで歌わせていただきましたが、2012年に出場したときと同じステージでしたので緊張感がありましたが、その緊張感はこれからも忘れずに歌っていきたい」

と話していました。

201406300001

なお、小田代直子さんは7月2日に初の歌謡曲「三陸漁港(さんりくみなと)」を同社から発売。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる