*

三代沙也可 新曲「江ノ島ひとり」の舞台、江ノ島の江島神社でヒット祈願

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , ,

2014年7月2日、演歌歌手・三代沙也可さんが、2014年3月22日に発売した新曲「江ノ島ひとり」のヒット祈願を楽曲の舞台である、神奈川県藤沢市江の島の「江島神社」で行いました。

201407020001

新曲「江ノ島ひとり」は、江ノ島を舞台に、愛し合った人と別れ、時が経てば経つほどますますその人への思いを募らせる女性の心情を彼女ならではの艶のある表現豊かな歌唱力で歌い上げた作品です。

江の島の中にある老舗旅館・岩本楼に約100人のファンが詰めかける中、新曲発表ライブを開き、

「3月22日にこの新曲を発売させていただきましたが、私は絶対この大好きな江の島でこの歌を歌ってみたかったので、今日は念願がかなってとてもうれしいです」

と笑顔であいさつをしました。

201407020003

新曲をはじめ、前作シングル「恋文しぐれ」、代表曲「酒がたり」、伊藤雪彦作品集メドレーから「白い海峡」「木曽路の女」、真っ赤なドレス姿で昭和のヒット歌謡から「さよらならはダンスの後に」「小指の思い出」などメドレーを含めて全16曲を熱唱。
また、新曲「江ノ島ひとり」の作曲者で、三代さんの師匠でもある伊藤雪彦氏も駆けつけ、ファンたちと一緒に同神社で大ヒットを祈願しました。

201407020002

「東日本大震災で落ち込んでいるとき、伊藤雪彦先生に誘われて初めて江の島を訪れて以来、この江の島がいっぺんに気に入りまして、いつか江の島を舞台にした歌を歌ってみたいなと思っていたので、その夢がかなったときは本当うれしかったです」

として実現した新曲で、

「この歌詞には、相模灘とか鎌倉といった私の好きな地名も出てきますし、いまではこの風光明媚な江の島に住みたいなと思っているくらい大好きなところです。女性のせつない気持ちを歌った悲しい歌ですけれど、2番の終わりに『逢いたいあなた』、3番の終わりに『好きですあなた』という希望が見える言葉もあってすごく気に入っています。最初は、いままでの私の路線とは違った作品なので、ファンの方が離れてしまわないかなとちょっと不安がありましたが、皆さんがカラオケで喜んで歌ってくださっていますし、すでに2万枚を越えましたので、この勢いに乗って大ヒットさせ、いままで応援してくださっているファンの皆さんに恩返しがしたいですし、またこの江の島でヒット御礼ライブができたらいいなと思っています」

と話しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる