*

福田こうへい 東京・浅草神社で新曲「峠越え」ヒット祈願

福田こうへいさんが、2014年4月2日に第2弾シングル「峠越え」を発売。それを記念して同日、東京・台東区の浅草神社でヒット祈願を行いました。

福田こうへい「峠越え」ヒット祈願

民謡歌手として活躍し、2013年に演歌デビュー第1弾としてリリースした「南部蝉しぐれ」が大ヒット。昨年の「第64回NHK紅白歌合戦」に初出場も果たしました。

大勢のマスコミ関係者が詰めかけた中、

「特に東北の皆さんが第2弾を待ってくださっていた。この浅草神社さんも復興に関係がある神社だそうですので、ここでヒット祈願をさせていただくことになりました。今日から全国の皆さんのところにこのCDを届けていきたいと思っています」

とあいさつ。新曲の大ヒットを願いながら、スタッフと一緒に拝殿に手を合わせました。

福田こうへい「峠越え」ヒット祈願

「今日は、『南部蝉しぐれ』の発売当初と同じような気持ちで参拝させていただきました。まずは『初心忘れるべからず』という気持ちで、振り出しに戻って、皆さんの心にしっかり残るような歌を歌っていきたいと思っています」

→「携帯で演歌」では、「南部蝉しぐれ」をはじめ、福田こうへいの人気曲を配信中!

新曲については、

「いま自分が歌えるすべてを入れさせていただきました。人の耳にしっかり残るような歌い方に心がけてレコーディングしました」

と自信を見せました。

福田こうへい「峠越え」ヒット祈願

「峠という頂点が見えていない状態で、右に左に曲がりながらもまずは進んでいこう…という歌です。けっして自分一人だけで頑張っていこうということではなく、復興に対する願いも込めつつ、『自分も頑張りますので、皆さんも一緒に頑張っていきましょう』という気持ちで歌わせていただいています」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる