*

■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

公開日: : ニュース ,

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差恋しぐれ」が好セールス中の演歌歌手・水城なつみ(24)の2人が、節分の日の2月3日、東京・文京区の護国寺で豆まき&ミニライブを行った。

福田&水城(その1)

同寺で毎年、2月3日に実施されている恒例行事「節分会追儺式」で、毎回、ゲスト歌手はキングレコード所属のアーティストの中から選ばれており、今年は福田と水城が参加することになったもの。

 和太鼓演奏の後、水城が登場。

護国寺での豆まきは、昨年に続いて2度目で、「デビューしてあっという間に6年目に入っております。昨年は年女で、このステージで歌わせていただいてからたくさんのうれしいご縁をいただきました。都内で初めてのコンサートを開かせていただき、殺陣のお仕事もいただきました。さらに観光大使に2カ所で任命していただきました」とあいさつ。
「筑波の風」をはじめ、「湯平雨情」「曽々木海岸」「江差恋しぐれ」、それに2月27日発売の第8弾シングル「みちのく恋唄」の全5曲を披露。

水城なつみ

 続いて、2013年に続いて2回目の参加となる福田が「印象に残っておりますのが、デビューしてすぐにこちらの豆まきに参加させていただきまして、都会の中でビルを見ながら初めて民謡を歌わせていただいたのがこの場所です」とあいさつし、代表曲「南部蝉しぐれ」をはじめ、「峠越え」「北の出世船」、それに2月6日発売の新曲「男川」の全4曲を熱唱した。

福田こうへい

 その後、地元名士、芸能人、力士、今年の年男&年女ら約100人の参列者が裃(かみしも)姿で月光殿から境内中央に設置された花道を通って本堂まで練り歩き、大護摩法要で祈祷。

 最後にメインイベントの豆まき式を行い、花道に立った参列者たちが一斉に「鬼は外~!」「福は内~!」と声を掛け合いながら豆をまき、その花道下では大勢の参拝客や2人の歌手のファンらが懸命に福豆を拾う姿で大いに賑わった。

福田&水城(その2)

 1回目の豆まきに参加した年(2013年)のNHK紅白歌合戦に初出場した福田は「そのときの心境がよみがえってきました。また今回のご縁を年末につなげていきたいですね。今年もファンの皆さんに選んでいただけるよう努力したい。体調のほうは絶好調ですので、守りではなく、前に前に進む気持ちで頑張っていきたい」。水城は「2年連続で豆まき式に出させていただきましたが、3年連続で出させていただきたいですね。また、新曲も発売されますので、いい結果につなげていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる