*

小金沢昇司、岩本公水が東京・護国寺で豆まき&ミニライブ

2014年2月3日(節分の日)、東京・文京区の護国寺で小金沢昇司さんと岩本公水さんが豆まき&ミニライブを行いました。

小金沢昇司、岩本公水が、東京・護国寺で豆まき

岩本さんは1月22日に、船村徹さん作曲のデビュー20周年記念曲「道の駅」を発売したばかり。
小金沢さんは2月4日に新事務所「ジャパンドリームエンターテイメント株式会社」を設立。3月26日には新曲「昭和の花」を発売する予定です。

この日の東京は天気に恵まれ、やや暖かい気候。約1200人の参拝客が見守る中、豆まきの前に本堂前の特設ステージでミニライブが開かれました。
まず岩本さんが新曲「道の駅」をはじめ「涙唱」など全4曲を熱唱。

「私は今日、お豆を38粒食べればいいんですけれど(笑)、たくさん食べて、病気したり、怪我したりしないように元気で歌っていきたいなと思っています」

続いて小金沢さん。新曲「あなたは雪になりました」「ありがとう…感謝」など全4曲を熱唱しました。

「今日は、歌を通じて皆さんに福を差し上げたいなと思います。偉大なる北島師匠のところで31年間お世話になり、オヤジに『昇司、もう立派に卒業だ』と言われて、明日、新事務所のオープンです」

その後、各界の有名人ゲスト、今年の年男・年女ら多数の参列者が裃(かみしも)姿で月光殿から本堂までを練り歩き、大護摩法要で祈祷。最後に「豆まき式」となり、特設された花道から「鬼は外~!」「福は内~!」と豆をまきました。

→「携帯で演歌」で、小金沢昇司「あなたは雪になりました」、岩本公水「道の駅」など新曲を配信中!

小金沢昇司、岩本公水が、東京・護国寺で豆まき

「節分の豆まきは、一つの節目というか一つの区切りで一つのスタートじゃないかなと僕は思います。古きよき日本の伝統の豆まきは、一つの節目として新たなスタートだと考えています」(小金沢)

「この護国寺での豆まきは2回目の参加です。デビュー20年という節目の年でもありますので、豆をまくというよりも幸せのおすそ分けができたような、豆を受け取ってくださる皆さんの笑顔がとてもうれしそうだったのが印象的だったので、いい一年が送れそうです」(岩本)

小金沢昇司、岩本公水が、東京・護国寺で豆まき

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる