*

小金沢昇司 56歳のバースデーライブ!独立後初のバースデーライブは自分の歌だけを

8月30日、新曲「昭和の花」が好調の演歌歌手・小金沢昇司さんが、8月31日に56歳の誕生日を迎えるのを記念して、東京・台東区の「浅草六区 ゆめまち劇場」でバースデーライブを開きました。

201408300003

今年で17回目を迎えるバースデーライブですが、今回は、今年2月に長年所属してきた「北島音楽事務所」から独立し、「ジャパンドリームエンターテイメント」を設立して初のバースデーライブ。

「このバースデーじゃないと見られない、聴けない歌があったりしてか、年々、お客さんがどんどん増えてきて、今日もギューギュー詰めなんですよ」

とうれしい悲鳴をあげながら

「誕生日なんだから僕の好き勝手にやらせてよということで始まったライブでして、いままで新御三家をはじめ、マイケル・ジャクソン、EXILE、スギちゃん、キンタロー。など、物まねやヒット曲挑戦など好き勝手なコーナーがあって、そんなふだんのコンサートでは見ることができないステージを楽しみにしている人が多いんですよ。だけど今年は独立した年でもありますので、中には僕のふだん聴けない歌を聴きたいという方も多いので、今日は自分の歌だけを皆さんに聴いていただきたいなと思っています」

201408300001

約200人の熱狂的ファンで満席の中、新曲「昭和の花」をはじめ、「北の三代目」「俺じゃだめなのかい」「とべない雀」「南部酒」「神楽坂」「願・一条戻り橋」、それに代表曲「ありがとう…感謝」など全11曲を熱唱。
また、同じ所属事務所の演歌歌手・半田浩二さん、歌手仲間の山口かおるさん、小金沢さんの歌が大好きな同じレコード会社の後輩歌手・パク・ジュニョンさんの3人がお祝いに駆けつけ、それぞれの歌唱でステージに花を添えました。
その中でパクさんとは、彼が好んで歌っている小金沢さんのオリジナル曲「オモニ~母へ~」をデュエットする場面もあり、満員の客席は大喜びでした。

201408300002

翌日31日に56歳を迎え、バースデーケーキをプレゼントされて感激の小金沢さんは

「肉体的には多少、弱ってきているのかもしれませんが、精神的には全くないですね。自分では、変わっていないような気がします。ただ56年というと、半世紀を過ぎているわけですから老化してもおかしくないなと思うんですけれども、お客さんに夢をお届けして、お客さんからも夢をもらっているので、これからも若さを保ち続けながら歌っていきたい」

と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる