*

■氷川きよしがデビュー記念日&20周年目に東京・中野サンプラザでコンサート。3月12日発売の新曲「最上の船頭/大丈夫」披露

公開日: : ニュース

2000年2月2日に日本コロムビアから「箱根八里の半次郎」でデビューして今年で20周年を迎えた演歌歌手・氷川きよし(41)が2月2日、東京・中野区のサンプラザホールで「氷川きよしコンサートツアー2019~20周年大感謝祭!!~」と銘打ったコンサートを開いた。

氷川きよし01

この日は、1月24日の埼玉・ウェスタ川越からスタートしたコンサートツアーの東京公演で、前日と合わせて2日間4公演を実施(4公演全てチケット完売、合わせて約8800人を動員)。

 中野サンプラザは、ファーストコンサートを行った思い出の会場で、しかもこの日がデビュー記念日で、20周年目に突入。

氷川きよし02

 そんな記念すべき日のコンサートにデビュー当時からの熱烈なファンら約2200人が詰めかけ満席の中、約3㍍の高さのリフターに乗って登場。

 「氷川きよしの20歳の成人の生誕祭にお越しいただきましてありがとうございます。皆さんのお陰で20歳になりました。ここまで歌ってこられたのもファンの皆さま、たくさんのスタッフの皆さまに支えていただいて今日の日を迎えることができました。18歳のとき、九州の福岡・博多から上京しまして、3年半、アルバイトとレッスンをして、2000年2月2日、22歳の若さでデビューさせていただきました。自分のいろんな苦しい思いとか悲しい思いも歌で喜びに変えられるんだということを改めて感じることができたのは、皆さまのお陰です。そして、ようやく皆さまが氷川きよしを歌手にしてくださったんだという確信を持っています」とあいさつ。

氷川きよし03

「冬のペガサス」をはじめ、「限界突破×サバイバー」「ヨイトマケの唄」「大井追っかけ音次郎」「箱根八里の半次郎」「男の絶唱」「白雲の城」、アンコールで、昨年のNHK紅白歌合戦に出場したときの衣装で「勝負の花道」「きよしのズンドコ節」など全23曲を熱唱。

 また、3月12日発売の33枚目のニュー・シングル「最上の船頭/大丈夫」(両A面シングル)=A、B、Cの3タイプ発売=の両曲も披露。なかでも明るいノリのいい新曲「大丈夫」では、氷川が踊る〝大丈夫ダンス〟を真似ながらノリノリの気分で聴き入っていた。
 来る7月11、12日の両日、東京・日本武道館で「20周年記念コンサート」(全3公演)を開くが、この日、同追加公演も発表。氷川の誕生日の9月6日に大阪・大阪城ホール=大阪城ホール単独公演は演歌歌手としては初めての開催、氷川にとっても初めて=を開催することが決まった。

氷川きよし04

 歌い終わって、控え室でスタッフからバースデーケーキをプレゼントされ、感激の氷川は「24歳のとき、初めてこの中野サンプラザのステージに立たせていただき、緊張でいっぱいだった思い出の会場です。この20周年は、自分の可能性を信じて、氷川きよしらしさを出して精いっぱい頑張っていきたい。これからも演歌歌手という原点を忘れずに、いろんな歌を表現しながら自分らしさを追求できたらいいなと思っています。今年は、歌手として20歳になりますので、皆さんから祝福されるというか、笑顔で氷川きよしを応援してよかったなと思っていただけるような年にしたい」と話していた。

 この後、新曲「最上の船頭/大丈夫」の発売記念イベントを3月11日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場、同15日に名古屋・アスナル金山、同16日に大阪・ツイン21アトリウム、同22日に神奈川・小田原ダイナシティで行う。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる