*

川野夏美 「第6回JMU新年歌謡大会」ゲスト出演!クラウンの新人・津吹みゆも紹介

2015年2月1日、元日本クラウンのプロデューサー・佐藤浩二さんが代表を務める大手カラオケ団体「ジャパンミュージックユニオン」(略称・JMU)が主催する「第6回JMU新年歌謡大会」が、東京・両国で開催され、演歌歌手・川野夏美さんをはじめ、彼女と同じレコード会社・日本クラウンの後輩歌手、津吹みゆさんらがゲスト出演しました。

201502020003
この日の大会は、「共通段位認定全国大会」と銘打ち、初段からグランプリ部門までそれぞれの部門で日ごろの成果を審査してもらおうという目的で全国から186人の会員が参加。
作曲家・伊藤雪彦さん、作詞家・山田孝雄さん、作曲家・津軽けんじさんらが審査員を務める中、出場者一人ひとりが日ごろから鍛えてきた自慢のノドを披露し合いました。
全員の歌唱が終了後、川野さんがミニライブを開き、

「デビュー当時は、元気で威勢のいい歌を歌わせていただいておりました。それがここ数年は、少しずつ女っぽい歌を歌わせていただくようになり、年を重ねていくといろんな歌に出合え、そしていろんな人に出会えるんだなあと、とても楽しく感じております」

とあいさつし、現在ヒット中の新曲「雲母坂~きららざか~」(日本クラウンから昨年12月3日発売)=オリコン演歌・歌謡曲シングルランキング初登場1位獲得=をはじめ、前作シングル「悲別~かなしべつ~」、昭和の名曲から森進一のカバー曲「港町ブルース」など全6曲を熱唱。
201502020002
新曲「雲母坂」については

「かつて恋人と暮らしていた町を一人になって初めて訪ねて、あのころはこんなんだったんだなあと、思い出をよみがえらせている女性が描かれています。ぜひ皆さんにも誰かのことをふっと思い出しながら楽しんで聴いていただけたらうれしいなと思います」

と話していました。
201502020001
また、今月25日に日本クラウンから「会津・山の神」でデビューする同社の今年度イチオシの新人歌手・津吹みゆさん(つぶき・みゆ、18)=福島県出身=は、

「『どんと響く!直球ボイス』の津吹みゆです」

と自己紹介して同曲とカップリング曲「わたしの門前仲町」の2曲を歌い、

「『会津・山の神』は、私の地元・福島県が舞台になっているスケール感のあるパンチの効いた曲になっていますので、ぜひ応援してください」

と元気な笑顔でPRしました。
最後に出場者全員の中から選ばれるグランドチャンピオンは、村田康生さんが受賞しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる