*

桜井くみ子 ハワイのムームー姿で洋楽カバー!? 新曲「ちょっと待って下さい」発表イベント

 2014年5月7日、桜井くみ子さんが新曲「ちょっと待って下さい」を発売。それを記念して、発売当日に東京・恵比寿の「ロコズテーブル マハナ」で、ファンを招待して新曲発表イベントを行いました。

演歌ひとすじのはずが、洋楽カバーに挑戦 歌詞には英語も

 「ちょっと待って下さい」は、ゆったりとしたテンポで、優しげなメロディ。歌詞の一部に英語が含まれています。

桜井くみ子新曲「ちょっと待って下さい」発表イベント
 歌のイメージに合わせてドレスかと思いきや、予想を裏切って着物で登場。CDジャケットもこの着物です。自分で作ったという、マイクを持つ手に付けたプルメリアの花飾りが、これまでと違ったイメージを演出。

 この曲は、かつて1970年代に4人組の女性グループ「ゴールデンハーフ」がヒットさせた「チョットマッテクダサイ」をリメイクしたもの。ゴールデンハーフが歌ったのも実はカバーで、元々はハワイの男性シンガー、サム・カプーが歌ったハワイアンソング「Chotto Matte Kudasai」がオリジナル。つまり洋楽カバーということになります。

→「携帯で演歌」では、新曲「ちょっと待って下さい」をはじめ、桜井くみ子の曲を多数配信中!

 2007年の日本クラウン創立45周年記念新人オーディションでグランプリを獲得してデビューした桜井さん。オーディションのステージ上では「私は、演歌しか歌いません!」と自己PRし、これまでずっと演歌ひとすじだったにもかかわらず、今回自らそれを覆す形に。
最初、所属事務所の社長に「これ歌ってみて」勧められた時は、それこそ「ちょっと待って下さい」と驚いたそうです。

「私、英語まったくしゃべれないので、原曲を何度も聴いて、カタカナで歌詞を書き取って覚えました(笑)」

着物だけかと思いきや… ハワイのムームーに!?

 イベントの後半では、華やかなブルーのムームーのドレスに着替えて登場。

「さっき、着物で歌いますと言ったばかりですけど…。こういう事もあろうかと、着物とは別バージョンの衣装として作りました」

桜井くみ子 新曲「ちょっと待って下さい」発表イベント

 4人のプロのフラダンサーと一緒に新曲を披露。間奏の部分では、ゆったりとフラダンスを踊ります。より雰囲気を楽しんでいただこうと、ファンの皆さんにもフラの踊りを教えて一緒に踊りながら楽しみました。

桜井くみ子 新曲「ちょっと待って下さい」発表イベント
桜井くみ子 新曲「ちょっと待って下さい」発表イベント

 今後も、基本的には着物で歌うそうですが、もしかしたらどこかでこの衣装をお披露目する機会があるかも…?

○桜井くみ子 オフィシャルブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sakuraikumiko0872aurora/

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる