*

北島三郎、鳥羽一郎、水前寺清子などビッグな歌手が勢揃い!平成25年度 クラウンヒット賞贈呈式

2014年1月31日、「平成25年度 第50回日本クラウンヒット賞 贈呈式」が都内で行われました。

平成25年度 クラウンヒット賞贈呈式

「クラウンヒット賞」とは、レコード会社・日本クラウンが、昨年活躍した自社の歌手たちを顕彰する、毎年恒例の行事。創業以来続けており、今回で50回目となります。
かつてはこういったイベントを多くのレコード会社が行っていたものの、このような形の賞を歌手に毎年贈っているレコード会社は、日本クラウンだけとなっています。

北島一伸代表取締役社長が自ら、ヒット作品の歌手、およびそれを作った作詞家・作曲家・編曲家に記念の楯を手渡して表彰しました。

平成25年度 クラウンヒット賞贈呈式

受賞者全員で記念撮影。もちろん演歌だけではなく、日本クラウンのポップス部門の歌手も数多く表彰されています。これだけ並ぶと壮観!

受賞者を代表して、北島三郎さんがあいさつ。

平成25年度 クラウンヒット賞贈呈式

北島さんは、映像ヒット賞・アルバムヒット賞・シングルヒット賞など多数を受賞。
つい先日、50回目の出場を最後に勇退した「NHK紅白歌合戦」についても語りました。

「同じようなことを毎年やっていくのはあまり性分に合わないし好きではない。何かを変え、より良くしていくためには、誰かが幕を引かなければいけないと数年前から感じていて、半世紀、50回を機に一本の線を引かせていただきました」

「耳で聴く紅白ではなく、目で見る紅白になったらどうだろうかと思う。目で見て、ダンスの振り付けや衣装などを見て、きれいだった、楽しかったと言われるような紅白になれば、見る人の気持ちも変わってくるはず。そうNHKの人たちにも伝えました。個人的な願望ですが、時代と共にもはや“合戦”ではなくなってきているので、“歌の祭典”といった名前に変えてやってみてもいいんじゃないかと思います」

「携帯で演歌」では、贈呈式の模様をダイジェスト動画でご覧いただけます。
また、受賞者の中から、川野夏美さん、北川大介さん、竹川美子さん、花咲ゆき美さん、桜井くみ子さん、松尾雄史さんの喜びのコメントを動画で公開中。 ぜひご覧ください!

クラウンヒット賞贈呈式 川野夏美、北川大介、竹川美子、花咲ゆき美、桜井くみ子、松尾雄史

こういった賞をもらえるのは、歌手にとって大変励みに感じることでしょう。受賞された皆さん、おめでとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる