*

■徳間ジャパンとラジオ日本が演歌・歌謡曲新人アーティストオーディション。グランプリは和歌山在住の21歳、末吉実鈴さんが受賞

公開日: : ニュース

千昌夫をはじめ、吉幾三、水森かおりら多くの人気演歌歌手が所属するレコード会社「徳間ジャパンコミュニケーションズ」が、演歌・歌謡曲のキーステーション「ラジオ日本」とタッグを組み、明日の演歌・歌謡界を担う逸材を発掘するための新人アーティストオーディション「歌姫、歌彦を探せ!!」の全国決勝大会が8月26日、神奈川・横浜市のラジオ日本・横浜ラジアントホールで開催された。

徳間ジャパンオーディション(その1)

全国から約2500通の応募があり、その中から厳正なる第一次選考を通過した全12人=最年少は18歳から最年長は35歳まで=がこの日の決勝大会に臨んだ。

 司会を夏木ゆたかが務め、審査員を徳間ジャパンの和田康孝社長をはじめ、ディレクターの藤田一誠さん、梶田正宏さん、田中孝さん、井上誠啓さん、田島美穂さんらが務める中、12人の出場者たちは、日ごろから鍛えてきた自慢ののどと個性を発揮しながら優勝を目指して競い合った。

 その結果、グランプリの栄冠は、石川さゆりの「転がる石」を歌った和歌山・岩出市在住の末吉実鈴(すえよし・みすず)さん(21)の頭上に輝いた。末吉さんは、名前を呼ばれた瞬間、驚いて目に涙をためながら「優勝できるとは思ってもいなかったので、心の底からうれしいです」と感激もひとしおだった。

徳間ジャパンオーディション(その2)

 また、準グランプリは、栃木・太田原市在住の君島怜奈さん(18)、審査員特別賞は、宮城・東松島市在住の中井亮さん(18)がそれぞれ受賞した。

 末吉さんは、これまでに数々のオーディションを受け、日本テレビ系「歌唱王2014」準優勝、関西歌謡大会3位などを受賞してきたが、優勝は初めて。今回は「徳間ジャパンからメジャーデビュー、ならびにラジオ日本がバックアップ」という悲願の切符を獲得。

徳間ジャパンオーディション(その3)

 これまで地元・和歌山市内でアルバイトをしながらプロ歌手を目標に頑張ってきたが、歌手は10歳のときからの夢だったそうで、「こんな大きな賞をいただいたのは初めてなので、とにかくうれしいです。今日は、いままでのオーディションの中で一番、自然体で歌えました。ふだんは坂本冬美さんの歌を歌ってオーディションを受けていますが、今回、オーディションで初めて石川さゆりさんの歌を歌わせていただきました。お二人とも大好きな歌手でして、さゆりさんのカッコよさと冬美さんの色気の両方を持った歌手になれたらいいなと思っています。有名な演歌歌手になるまでは絶対あきらめずに頑張りたいですし、デビューできたらぜひ紅白を目指したい」と目を輝かせていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その2)
■水森かおりが第26弾「水に咲く花・支笏湖へ」の舞台、北海道・支笏湖で新曲発売記念イベント。支笏湖にヒメマスの稚魚を放流

デビュー23年目を迎え、3月20日発売の第26弾シングル「水に咲く花・

辰巳ゆうと(その5)
■20歳の現役大学生演歌歌手・辰巳ゆうとが、歌の原点・赤羽で限定100人のファンと初めてのふれあいイベント

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチコピーに今年1月17日にビクターエ

大川栄策(その4)
■大川栄策が「大川栄策歌謡塾」主催による2回目のカラオケ発表会&ショー。歌唱指導も披露

今年でデビュー50周年を迎え、100枚目のニュー・シングル「夜霧の再会

杉山清貴(その3)
■杉山清貴がデビュー35周年を記念して東京・日比谷野音でオメガトライブが再集結

キングレコードから5月16日にニュー・アルバム「MY SONG MY 

山内惠介(その3)
■山内惠介がセルフプロデュースによる熱唱ライブツアーの初日を浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーで一人芝居も

昨年は「NHK紅白歌合戦」に3年連続出場を果たし、デビュー18年目を迎

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる