*

■新世代歌謡グループ、はやぶさが東京キネマ倶楽部でコンサート。2月27日発売のカバーアルバム「歌謡カヴァーソングス2」から全曲披露

公開日: : ニュース

今年2月でデビュー8年目を迎え、最新シングル「ジョー☆デッキー!!!」(大人気アニメ「デュエル・マスターズ!」OPテーマ、発売・ビクターエンタテインメント)がロングヒット中の新世代歌謡グループ、はやぶさ=ヒカル(31)、ヤマト(25)=が1月26日、東京・台東区の東京キネマ倶楽部で「はやぶさコンサート2019~新春!はやぶさランドへようこそ~」と銘打ったワンマンコンサートを開いた。

はやぶさ(その1)

ワンマンでのコンサートは今回で6回目になるが、ヤマトは「いままでコンサートを開催させていただいていたところとはちょっと雰囲気が違っていまして、昭和のキャバレーのようなステージになっていますので、セットリストとしては、昭和をこよなく愛するはやぶさにとっていままでより若めの選曲になっています」。

はやぶさ(その2)

ヒカルは「2月27日に「歌謡カヴァーソングス2」というカバーアルバムを発売させていただくことになりまして、今日はその中に収録されている曲を全部、歌わせていただきますし、その中にはレコーディング以来、初めてお客さまの前で歌わせていただく曲もあります。2人ならではの試みとしてミニコント、それからギターの弾き語り、ヤマトはギターをやっていたのですが、僕は初めてでして、三味線をギターに持ち替えて歌わせていただきます」。

はやぶさ(その3)

 デビューのときからずっと3人組として活動してきたはやぶさだが、「去年の3月以降、新生はやぶさとして2人で活動させていただいていますが、今日はその2人ならではの歌とかパフォーマンス、そして来てくださる皆さまに日ごろの感謝の気持ちと、新生はやぶさとして、今年はより気持ちを新たに頑張っていきますという思いを込めて歌わせていただきます」とヒカル。

はやぶさ(その4)

 400席の会場は、熱烈なファンで満席の中、昭和と平成を彩った次世代に歌い継がれる時代の名曲をカバーしたニューアルバム「歌謡カヴァーソングス2」から「あずさ2号」(狩人)、「夏の日の1993」(class)、和装姿でヒカルの踊りをバックにヤマトが「みちづれ」(牧村三枝子)、ギターの弾き語りで「栄光の架橋」(ゆず)を歌唱。また客席をラウンドしながら「チャンピオン」(アリス)、「贈る言葉」(海援隊)、そしてショートコントも披露。

はやぶさ(その5)

 後半は、オリジナル作品からメドレーで「蜘蛛男のダンス」(シングルバージョン)、「流星のロマンス」「なんで横浜…」、アンコールで「エボレボ!」「未来はジョー!ジョー!」、それに最新曲「ジョー☆デッキー!!!」など全15曲を熱唱し、最後まで満員の客席を楽しませた。
 はやぶさの2人は3月9日~18日まで明治座「水森かおり特別公演」に出演予定。また2月27日には、珠玉の名曲8曲収録したカバーアルバム「歌謡カヴァーソングス2」を発売予定。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる