*

■デビュー40周年の千葉一夫が新曲「霧雨川/別れのグラス」カラオケコンテスト決勝大会

公開日: : ニュース

今年でデビュー40周年を迎えるキングレコードの演歌歌手、千葉一夫(年齢非公表)。39年目の昨年は“サンキューの年”ともじって大勢のファンに感謝を届けてきた。そんな中で8月22日に発売した新曲「霧雨川/別れのグラス」カラオケ愛好家を中心に支持を得て好調なセールスをあげている。

千葉一夫(その1)

その両曲を課題曲としたカラオケコンテストの決勝大会が1月26日、東京・文京区のキングレコード関口台スタジオで開催された。

参加者はCDに封入された応募券を添えてレコード会社宛に応募するというもので、全国から約250名の応募があった中から厳選された18名が決勝大会に臨んだ。北は札幌から、南は福岡まで全国から集まった出場者が日ごろ鍛えた喉を競い合った。審査員は両曲の作曲家の四方章人氏と作詩家・みちあゆむ氏が務めた。

千葉一夫(その2)

 厳正なる審査の結果、優勝したのは福岡県の野津糸代さん(60)、準優勝は徳島県の梶浦博文さん、審査員特別賞には三重県の山本のりこさんに、それぞれ決定した。

 審査の合間には千葉一夫のミニライブも開催。新曲のほか、「雪月夜」など審査員の両名が手掛けた作品を中心に全5曲を歌い、「歌の上手い皆さんの前で歌う今日ほど緊張するステージはないですね(笑)。こういったカラオケ大会は何十年ぶりでしたが、多くの人に参加してもらえてうれしいです。今日はとてもハイレベルでびっくりしました。遠方より参加していただいてありがとうございます。私も今年は40周年を迎えます。引き続き応援を宜しくお願いします」と挨拶した。

千葉一夫(その3)

審査員長の四方章人氏は「出場者の皆さんは歌詞をしっかり覚えていて主人公になり切っていて、とてもいい歌唱でした。皆さんが僅差でとても甲乙をつけがたかったです」と総評した。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる